2009年6月23日火曜日

東国原知事の出馬要請に対する返答について

衆院選出馬要請に東国原知事「自民総裁にするなら」(YAHOOニュース)

 リンク先のニュースにあるように、本日自民党の古賀議員がお茶の間にも有名な元そのまんま東こと東国原知事へ次期衆院選へ自民党候補として出馬を打診したところ、知事は次期総裁選の候補にしてくれるのであれば出馬すると返事をしました。知事のこの大胆な発言に、今日はたまたま夕方は家にいたので六時からニュースを見ていましたが、全局揃ってこのニュースをトップに持ってきておりました。

 で、この知事の発言に対する全局の報道はというと、私の見た感じ「総理にでもしてくれるのであれば自民党の候補として出てやるよ」と東国原知事が言ったなどとして、一体いつから総理の座を狙うようになったのかなどと知事の野心をあれこれ言うような解説が目立ちましたが、私のこの発言の解釈はというとちょっとこういったものとは違っています。
 では私の解釈はどんなものかというと、自分でもやや好意的過ぎる解釈かもしれないと思いつつも恐らく東国原知事は自民党に対して変革を迫ったのだと思います。自分がただの人気取りのタレント候補ではなく自身が持つ政策や実行力といった政治家としての資質で候補にしろということを言うために、実際に選ばれて総理になるかどうかは別として自民党総裁選の候補をやらせろと言ったのだと思います。なおかつ仮に選挙に出て当選したところで数合わせの議員では意味が無く、自分が持つ政策をきちんと反映、実行する担保としてもこの発言につながったのではないかと見ております。

 逆を言えば、数合わせのタレント候補として出馬させるの願い下げで、なおかつきちんと自分の政策を実行するという確約をしてくれないのであれば出ない、派閥の論理で決まるような現在の状態からそのような政党へと自民党は変わらないともう駄目だよということを言わんがために、東国原知事は無理難題を言うような形を取って出馬要請を断ったのじゃないかというのが、私の解釈です。
 となると気になるのが次の選挙で東国原知事が出馬しなかった場合、どの政党を応援するかです。橋本大阪府知事などは選挙前に支持政党をはっきりと宣言すると言っておりますが、東国原知事もその人気を考えればどの政党からも応援要請がくるでしょう。もっとも今回の騒動を見る限り、大体予想がつきますが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。