2015年2月28日土曜日

千葉のマッドシティ~わらそう(模型店)

 かつてあだ名が「ビンラディン」だった中東系な顔立ちの親父にこの連載どうよと聞いてみたところ、「そんなに松戸が好きだとは知らなかった」とやや返事に困る回答が来ました。好きか嫌いかっつったらそこまで好きではなく、ただそこそこ書ける思い出話が多いというのが本音です。なお一番思い入れがある街はどこかとなると変な話だけどやっぱ田辺かなぁ、わかる人だけわかってください……。
 そういうわけで再び始まるこのマッドシティシリーズ。今日は恐らく私だけでなく、少年時代に松戸近くで住んでいた人なら確実に覚えているであろう一つの模型店を紹介します。その模型店というのも、「わらそう」というお店です。

 わらそうは松戸駅から歩いてすぐ行けるほど近い距離にあった模型屋です。今でも「松戸 わらそう」とネットで検索を多くの人間がその存在を懐かしむページが引っかかるほどですが、実際にその在りし日を見ていた私からしても非常に思い入れがあるお店でした。私自身は松戸市に隣接した自治体で育っておりますが、子供の頃からプラモデルを買いに行くとなると家の近くにある模型店も使う一方、友達と一緒にわざわざ電車を乗り継いだり、自転車漕いだりしてまでもこのわらそうへ訪れていました。

 一体何故それほどまでにこのわらそうは多くの少年(+おっさん)に親しまれたのか。理由はいくつかあるでしょうがその中でも特に大きなものとして私が挙げるとすれば、その広大な店舗面積とそれに付随する圧倒的な品揃えの良さでしょう。わらそうの店舗はちょっとしたファミレスくらいに広くて模型店にありがちな狭い店舗内に模型の箱をぎっしり積み重ねるといったことはせず、整然と商品を並べて通路も大きく取り、この一点だけでも他の模型店とは一線を画しておりました。
 またそれだけ広いこともあって軍艦や自動車といった定番プラモはもちろんのこと、ガンプラからミニ四駆といった子供向け、そして大人向けの鉄道模型まで幅広く、多彩なジャンルの模型を一つのお店で揃えていました。そのため親子連れが来ても子供はミニ四駆、父親は鉄道模型などを互いにじっくり見られるので、実際に私とビンラディンだった親父もよく連れ立って一緒に訪れていました。

 私がこのわらそうで主に購入していたのはご多分に漏れずガンプラがメインでしたが、大体小学校中学年くらいから歴史に興味を持ち始め、その頃辺りからは城郭のプラモに興味を持って実際に買って作ったもので確実に覚えているのは和歌山城、松山城、安土城、姫路城といったところです。なおミニ四駆は一応私の頃も流行りましたがどうにもはまることが出来ず、一台だけ作ってそれこっきりでした。
 そのほかわらそうで購入したもので覚えているのは、名前はさすがに失念しましたが一隻だけタミヤの駆逐艦も小学生時代に作っています。ただ当時はミリタリーにははまっておらず、またその駆逐艦を作るのにも難儀して「その次も」というチャレンジ心も起こらなかったので折角の機会をふいにしてしまいました。もうちょっといろんなのを作って学んでおけばよかったものを。

 その後、私が中学生になるとこのわらそうに行く機会、というより模型を作る機会がすっかりなくなってしまいました。大きな理由はありませんが周りでも作っている人間は減りましたし、自然と離れていったような感じです。その後大学生になって京都行って、長期休みの時に何気なく自転車で走っていたら、「あれ、ないじゃん?」と気が付き、その時になってわらそうが閉店したことを知りました。もしかしたら大学生じゃなく高校生の頃だった可能性もありますが、ちょっと記憶が曖昧です。
 なおビンラディンだった親父に「わらそう潰れたで」と報告したら「ほんまか!?」とえらくびっくりした反応されただけに、親父も相当思い入れがあったんだと思います。

 このわらそうの閉店後、この店が松戸近郊の少年たちの間で絶大な支持を得ていたことに気が付いたのはひょうなことがきっかけでした。私の知恵袋的な友人はこの松戸市の出身で私の家とも近いことからお互いに成人後、なにやら地元トークで盛り上がり、その際にこのわらそうも上がってきました。

花園「わらそうって店、覚えてる?」
友人「覚えてるも何も、俺の兄貴がそこでバイトしてた」

 やはり同郷で同年代ということもあり、この友人もわらそうを何度も利用していたそうで、また上述のように親類がアルバイトしてたとのことでこの店のことを強く覚えていました。今回この記事を書くに当たって何か覚えてることあると聞いたところ、「道路に面したショーウィンドウの中にある等身大ヨーダがやけにリアルできもかった」と返してくれてそれを聞いて私も、「ヨーダとかいたよなぁ。めっさ懐かしいわぁ」とちょっと盛り上がりました。なお、確かそのショーウィンドウの中にはC3-POなどほかのスターウォーズのキャラも等身大で入ってました。

 最後に模型の話をもう少しすると、中学高校大学時代は一切作らなかったくせに何故か社会人になってからまた興味を持ち出して、ランエボを始めとするスポーツカーの製作に一時期はまっていました。やはり改めて模型を作ってみると自動車の構造について理解が深まり、また指先の動きが脳の活動と完全に一致するといえるような、集中力を伴う模型の製作作業は久々にやると非常に新鮮な感覚をもたらしてくれました。いっぱい作る必要はありませんが、たまに作る分にはすごくいい気分転換になるのでまだ少年の心を失っていない男性の方には実はお勧めです。

かつて「わらそう」のあった土地は現在駐車場に

どうでもいいけどこの辺り駐車場が多過ぎ

横にある「カプリチョーザ」は昔も今も現役です

10 件のコメント:

  1. この記事に関し、no commentさせて頂きますわ。

    返信削除
    返信
    1.  そらそうやな。逆にコメントされるほうがビビるわ。

      削除
  2. 俺も散々わらそうには出入りしてました。いい店だったが、儲からなかったのだろうか。

    返信削除
    返信
    1.  inoue04さん、コメントありがとうございます。
       わらそうに限らず全国各地で模型屋は2000年ごろから潰れていきましたから、単純に子供の数が減ったというのが大きかったのでしょうね。もし復活したら軍艦やスポーツカーの模型目当てに、毎月一回は通うんですけど。

      削除
  3. 初めまして。偶然にこの投稿を読んで、あまりに懐かしくてコメントさせてください。
    散々に買い物しました。タミヤの戦車プラモを何台作ったことか。初めてモデルガンを買ったのも、ラジコンパーツも数知れず、小学生時代に本当にお世話になりました。。。でも、跡形もないんですね、今はもう。

    返信削除
  4.  コメントありがとうございます。
     一連の松戸関連記事の中でもこのわらそうの記事は特別思い入れがあるだけに、こうして共感していただける方からコメントがいただけて光栄の限りです。私も子供ころはここで楽しい思い出を作らせてもらっただけになくなってしまった今はさびしい限りですが、こうして思い出を共有している方に記事を読んでもらえたという事実は本当にうれしく思えてきます。

    返信削除
  5. はじめまして。
    先日の「モヤさま」が松戸特集だったので、「わらそう」を思い出し検索した結果、たどり着きました。隣町住人で、もう40年くらい前に自転車で通っていました。松戸の「わらそう」、柏の「山本模型(こちらは健在)」といえば模型好きならではのお店です。 現在は駐車場なんですか・・・。この写真は駅西口にあった場所だとおもいますが、それ以前は東口にありましたよね? ショーケースの中の(確か)ブルーメタリックに塗られたDaxを今でも思い出します。あぁ、なんていい思い出!

    返信削除
    返信
    1.  コメントありがとうございます。
       この記事書いてから大分年月経つのにこうしてまだコメント来るということにわらそうの偉大さを改めて思い知ります。ショーケースの中の模型は確かにたくさんあり、印象に残っているものは個人によって結構変わるのが面白いです。
       写真の場所は仰る通り駅西口で、東口にも店舗がありましたけどさすがにどのあたりだったかやや記憶があいまいで、写真も撮影していません。松戸は二、三年くらいはまだそれほど変化がなかったものの、このところ再開発が本格化してきて様変わりし始めていますが、何か建設されるのは高層マンションばかりで少し味気なくなってきています。この際だから有志でわらそう復活させてみたいです。

      削除
  6. 今、松戸は伊勢丹の存続で市がもめてますが
    『わらそう』こそもめるべき案件でした。
    わらそうがなくなった時点で
    松戸の魅力は10%以下に落ちました。
    昔は頑固な店主を横目に通いつめてました。

    返信削除
    返信
    1.  コメントありがとうございます。
       松戸伊勢丹のニュースは見ていますが、思い出深い場所なので残ってほしいなと内心思っています。でもってまさかこの件でこうしてまたわらそうの記事にコメント来るとはと、苦笑しながら読ませてもらいました。
       しかし実際のところ、わらそう一つで松戸の魅力10%というのはよくわかりますし、それ以上あったかもとすら思えます。ああいう場所があってこそ松戸であって、確かに小汚い街ですがまた昔のような情緒ある風景が復活してほしいものです。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。