2014年8月22日金曜日

大津の欠陥マンション訴訟について

 こっちの数少ない娯楽である電子書籍をよく買ってますが、何故かこのところダウンロード速度が前も遅かったけどそれ以上に極端に遅くなるようになってきました。ついさっきも全データをダウンロードし終えたと思ったらなぜかダウンロードバーが最初に戻ってまた一からダウンロードし始めてファッキンファッキンとつぶやく有様です。どうでもいいですけど「ファッキン」という言葉は一部で「ファーストキッチン」の略語として使われているそうで、これから自分も呟く際は「ファーストキッチン」のことを思い出そうと思います。ファッキン(ファーストキッチン)。
 
 話は本題に入りますが、今日ふと三菱地所の欠陥億ションの問題はその後どうなったのか気になって(ふと思い出す内容ではない気もするが)ネットで「欠陥マンション」と検索した所、下記のサイトが上位にヒットして何故だか閲覧しちゃってました。
 
 
 このサイトはどんなサイトかというと、滋賀県大津市にある住宅販売会社の「大覚」という会社のサイトで、この会社が准大手ゼネコンといってもいい南海辰村建設に施工を依頼したマンションが欠陥だらけであったということを世に訴えているサイトです。
 
 問題の住宅物件は大津市にある「大津京ステーションプレイス」というマンションで、平成21年(2009年)に施工会社である南海辰村建設から大覚に引き渡ました。しかし引き渡された物件は契約図面とは異なった仕様の杭が使われてたり、コンクリートの継ぎ目がおかしかったり、挙句には何故か屋上に250トンものコンクリートが置き去りにされてたりとどこから突っ込んだらいいのかわからないような代物で、大覚側は南海辰村建設側に補修工事を実施するよう求めるものの、南海辰村建設側はほんの一部で補修工事は行っただけで完工していると主張し、大覚側に施工費用を支払うよう提訴してきました。
 これに対して大覚側も弁護士を用意した上で反訴に応じますが、雇った弁護士は実は南海辰村建設でよく仕事する弁護士だったらしく、く大覚側の裁判での要望を聞き入れないあまりか大覚の弁護などあまりせず、最終的には南海辰村建設に有利な判決が下りて結審してしまいました。大覚側も相当痛い目を見たのか、「弁護士選びは重要。自分が建設訴訟を一番わかっているとか言う弁護士は信用できない」とこのサイト内で繰り返し述べています。
 
 現在裁判は二審で、大覚側は別の弁護士を立てて南海辰村建設に対して抜本的な立て直しを要求しているのですが、あくまでざっと見た感じですが、私としては大覚側を応援してやりたいなという思いがあります。この問題で情報を多く発信しているのはもちろん大覚側で、もしかしたらそっちに有利なことしか垂れ流してないのかなという気もしますが、南海辰村建設のホームページの施工実績欄にほかのマンションは入っているのにこの「大津京ステーションプレイス」は入っておらず、ああなんか内心わかってるようなという風に見えて仕方ないのが決め手となりました。
 
 その上で建設業界について少し述べると、実はちょっとだけこの業界には関わったことがあるのですが、結構汚いというか依頼主の意向を無視して施工側が勝手に図面弄って問題起こすなんてのは本当によくありますし、なんかそういう施工側の人間ほどえらそうにしている素振りが非常に見られます。更にもう一つ、この大覚側が悔しそうに述べている一審での弁護士の不作為についてですが、日本はこの手の利益相反に対する規制が非常に遅れていると小説「ハゲタカ」に書かれてあり、実際にこの「利益相反」という言葉はここで読んでおられる読者もほとんど見聞きしたことがないだろうと思えるほど一般化しておらず、何が言いたいのかというとこういうムカつく弁護士は実際に数多くいるんだろうなという気がしてなりません。
 
 大覚側にとってすれば非常に苦しい問題でしょうが、多少不謹慎であることは承知であるものの、この訴訟は見ていて非常に面白い出来事であるように私には思えます。事実は小説よりも奇なりというか素人目にも「何故こんなバカみたいな施工をした?」と思うような欠陥振りに加え妙な弁護士につかまされて一審で負けたりと、こういう出来事が世の中本当にあるんだなと見ていてまざまざと感じます。
 ただこの大覚に対して大したもんだと思える点は、この問題の概要を漫画にしてサイトで公開している点です。先にテキストから読みましたが後から漫画を読んでみると非常にわかりやすく、やっぱり漫画って偉大だなぁ、こういう紹介漫画専門のプロもいたっていんじゃないかと思うくらい見ていて面白かったです。まだ見てない人がいるならぜひサイトに行ってみてみることをお勧めします。
 
 このほか細かい点をちょっとずつ書くと、大覚のこのサイトですが、アクセスカウンターを見ると20万人強となってますがこれを見て、「俺の陽月秘話は40万で、フッ、勝ったな」なんてちょっとばかし思っちゃいました。ドラゴンボールの戦闘力じゃあるまいし。
 それともう一つ。よく「大手だから安心・安全」という言葉が不動産業界に限らずあちこちで用いられますが、以前にもこのブログで取り上げた件の三菱地所&鹿島建設の欠陥億ションといい、この言葉は間違いでこの言葉を用いる奴はあほだなと密かに思います。なおこの言葉で私が地味に思い出す出来事としては、大学に入学したての頃に大教室に配られたビラでまさにこの「大手だから安心・安全」という言葉を掲げていたイベントサークルのチラシです。関西にもかかわらずわざわざビラ配るなんて「スーパーフリー」は鬱陶しい連中だったんだなとその後の事件を見て皮肉っぽく感じた次第です。

12 件のコメント:

  1. 三井不動産の品質はどうでしょうか?ご意見を聞きたく。

    返信削除
    返信
    1.  大手デベロッパーだと住友もこの前欠陥住宅を隠蔽していて、最後にばれて謝ってたが、三井は今のところ聞いていない。けど大手はどこもこの手の隠ぺいの一つや二つは隠し持ってる気がする。

      削除
  2. 地元大津民ですが、大覚についてはいろいろな意味でもう少し調べられたほうがいいかとおもいます。

    返信削除
    返信
    1.  コメントありがとうございます。会社については確かにノーチェックなので大覚がまともな会社かどうかはわかりかねますが、この記事では南海辰村建設との訴訟に焦点を絞っており、この訴訟に関しては大覚側に肩を持とうと思ってこの記事を書きました。仮に大覚がブラック企業だったとしても、この訴訟では応援する姿勢を変えることはないと思います。

      削除
  3. 大覚は¥の為なら手段は選びません。勤めたことのある人間ならそういうはずです。

    返信削除
    返信
    1.  一つ上のコメントに対してもこういう返事しようかなと思ったものの敢えて見逃しましたが、二回目なんでもう余計な遠慮は必要ないと判断した上で逆に問います。それがこの問題と何の関係があるのでしょうか?
       自分も建設・不動産と少し関わりがあったから言えますが、そもそも金のために手段を選ぶ会社がこの業界にどれほどいるのか疑問です。仮に大覚もそういう会社だとしても、この南海辰村建設との訴訟問題を考慮する上でそうした点を考慮する必要は何かあるのでしょうか。金のために手段を選ばない会社なのだから施工業者に欠陥マンションを引き渡されてもいい、とでもあなたは主張されるのでしょうか?
       最後は私の好みの問題ですが、そもそも「金」とはっきり言わず「¥」マーク使って無意味に婉曲な表現を使う人間は信用しません。言いたいことあるならストレートに、この会社嫌いなんだと言えばいいだけです。

      削除
    2. ならば何故、建築確認検査済証が発行されているのか。南海辰村の元請は大覚のグループ会社のアルファー建設だし南海辰村がいくらで請け負ったのかも疑問。大覚の他のマンション建設でも工費の問題で施工業者が決まらなかったこともある。南海辰村や入居者には同情する

      削除
    3.  建築確認検査済み証についてついて自分の方でも調べてみましたが、大覚のサイトによると2009年10月22日に確認申請完了検査が行われ翌23日に検査済証が発行というか受理したと経緯の表に書かれています(自分の理解で)。その経緯表の中で大覚は南海辰村は屋根加重増大について確認申請機関に報告しないまま受理していると主張しており、またこの確認検査自体が建物の不具合については検査対象外(経緯表で「検査対処外」と書いてますがこれは大覚の誤字でしょうね)と大覚は述べており、現在「大津京ステーションプレイス」で起こっている様々な瑕疵を見ると私もこの意見に納得できます。
       次にアルファ―建設についてですが、私の方でもこの会社が大覚の関連会社であることは確認できました。しかしこの「大津京ステーションプレイス」の建設で南海辰村ではなくアルファ―建設が元請だったという話は初耳で、軽く調べましたがそのような情報は見つけられませんでした。お手数ですが、この情報の根拠とされるサイトや建築関連書類のコピーなどがあれば提示していただけないでしょうか。それと工事請負代金は18億6000万円(税別)だと大覚のサイト内でも確認できます。

       念のために書いておくと自分は別に大覚のスポークスマンでもなんでもない、しがない自動車部品工場長代理でしかありません。大覚に対し不満なりこの問題で疑問があるなら直接大覚に聞いてみた方がよいのでは、というかそっちのが筋なのではないかと思います。何でもって自分も中国で各側の主張なり意見なり請負代金なりをいちいち調べてるのか少し不思議に感じます。

      削除
  4. 大手ゼネコンなんて、土曜日曜祝日休みで経費ガバガバ
    請負先はサービス出勤残業、ずるいよ
    大覚さん応援します!

    返信削除
    返信
    1.  コメントありがとうございます。
       まぁ不動産や建築業界に限らず、大手はまったりしながらお金もらう一方で下請けがあくせくするのは共通してますね。でもこの大覚さんの件はあからさまに瑕疵があるのにこれほど時間がかかっているというのは見ていて私も納得いかないだけに、最後まで頑張ってもらいたいものです。

      削除
  5. カルヤード高井浜の現場で負傷したにもかかわらず、すぐに救急車を呼んでもらえずに全身麻痺の後遺症が残った社員に同情する2017年8月29日 13:36

    この事件では、南海辰村と手を組んで悪事を働いていた設計事務所の所長が自殺をしている。だが、当時から現在まで大覚の実務責任者である女性社員は、元々この設計事務所の社員であった。一体この両社の間には、どんなドス黒い欲望が渦巻いているのやら…。
    大覚は住民の皆さんの怒りを代弁しているような言い草だが、どんな状況にせよ、住民の被害弁済はディベロッパーが行うのは当たり前。大覚こそ責任を南海辰村に押し付けて責任逃れをしている。
    大覚の実質経営者はアルファー建設の社長なのだが、山●覚●というその名前とアルファー建設の前身の『コクド』というキーワードでネット検索をしてみたら、面白い記事が見つかるかも…。

    返信削除
    返信
    1.  コメントをわざわざ書いた理由をある程度推察した上で回答しますが、大覚並びにアルファー建設への糾弾が正当だと自負するならばなぜ伏字を使うのでしょうか?堂々と「山下覚史」と書けばいいのに、なにか後ろめたい理由があるのでしょうか。
       また一点一点についてはもう何も言いませんが、姉葉事件といい、ほかの事案ではどうだとか過去にはああだったとかいちいち掘り起こして議論するとこの業界は収集突かなくなります。大覚がどんな会社か私もいちいち裏取取材もしていませんが、この記事で議論するなら「大津京ステーションプレイス」に限定した方がよいのではないかと思います。 上のコメント返信でも書いていますが、ほかのところで問題起こしているからこちらの問題では同情すべきではない、自業自得だとするのもなんか違うでしょうに。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。