2018年4月24日火曜日

日本人アクション俳優はいるのか?

終業・始業間の休息に数値目標 過労死防止大綱見直し案(朝日新聞)

 上の記事の見出しを今日最初に見た時、「休息に数値目標」を何故か「体臭に数値目標」と見えてしまい、「何考えてんだこいつら、頭おかしくね」と思いましたが頭がおかしかったのは自分の方でした。っていうかまた働き過ぎなのかも。

 話は本題に入りますが、今現在で最も人気で知名度のあるアクション俳優と言ったら恐らくハリウッドのトム・クルーズ氏が来るのではないかと思います。もともとバイクや車の運転がプロ並みということもあって激しいスタントシーンもノースタントで自ら演じてしまうほか、自身がプロデュースするミッションインポッシブルシリーズなどのアクション超大作での活躍もあり、活動中のアクション俳優としてはその露出は群を抜いているでしょう。

 そんなトム・クルーズ氏について私自身も高く評価しているものの、ことアクション俳優の枠で言えば今一番好きなのは、ミッションインポッシブルシリーズにもレギュラー出演している上に、主役作品こそないものの数多くのマーブル映画に跨って出演しているジェレミー・レナー氏だったりします。さすがにトム(もう全名称書くのがめんどいので省略します)ほど激しいスタントシーンは連発しないものの、レナーの場合は一つ一つの動作が非常にメリハリがあってきれいで、アベンジャーズシリーズで演じるホークアイの弓を引く動きはもとより、ミッションインポッシブルシリーズでの無駄が一切なく拳銃を奪ってすぐ構えなおすところなどは見ていて惚れ惚れします。出世作となった「ハートロッカー」はあんま好きじゃないですが、レナーの演技というか動作に関してはどの作品でも一見の価値があると太鼓判押します。

 この二人に限らず、現在米国ではマーブルのヒーロー映画が全盛ということもあって見事と思えるアクション俳優が次から次へと登場しています。新スパイダーマンを演じるトム・ホランド氏もバレエダンサー出身とあってジャンプ一回転着地なんて普通にこなしますし、他の若手もCGに頼らずとも見事なキレのいい動きを見せてくれます。
 また往年のアクション俳優陣も最近はセルフパロディを見せつつも未だに活躍しており、シルベスタ・スタローン制作の「エクスペンダブルズ」シリーズに至っては「博物館って、俺たちのことかよ」とブルース・ウィリス氏を前にアーノルド・シュワルツネッガー氏が言ったりしながら、きちんとアクションシーンはこなしてます。もっともこのシリーズの名言は3での、刑務所を脱獄してきたウェズリー・スナイプス氏演じるキャラが刑務所に入った理由について「知りたいか?脱税だよ」と、リアルに脱税による収監から出所したばかりのスナイプスが言っているシーンでしょうが。

 と、ハリウッドのアクション俳優についてつらつら話してきましたがここでふと疑問というか最近、日本人俳優でアクション俳優と呼べる人間はいるのかってなると、正直私の中では誰も浮かんできませんでした。少し前ならケイン・コスギ氏、あと一応「キルビル」に出演した栗山千明氏が出てきましたが、ここ数年でそのアクションぶりが見事と思えたり、また「アクションに強い俳優」として認知されているような人は、ただ私が不勉強なだけかもしれませんが浮かんできませんでした。
 そもそも今の日本では「どんなキャラにも器用に演じられる」ようなカメレオン俳優が評価される傾向にあり、アクが強く一つのキャラクターが強くなりがちなアクション俳優はあまり評価されない気がします。さらに言えば、アクションメインの映画自体が日本ではあまり制作されていないように思え、アクション俳優自体がそもそも需要がないとすら思えてきます。

 そんな状況を反映してか、はっきり言って日本映画のアクションシーンは見ていて惨澹たる出来です。多分アクションシーンを演じられる俳優があまりいないせいなのかCGでごまかそうとする傾向があり、しかも伝統的に日本は予算以前のレベルでCGの見せ方が下手で、変に色の濃い背景を前に俳優が大げさな演技をするシーンを見せられ興醒めした経験があるのは私だけではないでしょう。
 単純に、役作りとして体をしっかり鍛えてくる俳優について言えば今の大河で主演している鈴木亮平氏を筆頭にそこそこいますが、動作もついたアクションもしっかりこなせる俳優となると本気で今の私には浮かんできません。っていうかむしろなぜいない。

 理由については思いつくのを勝手に挙げてくと、まずは上にも挙げている通りにアクション俳優をあまり評価しない日本の映像市場状況、次にルックス重視でアクション能力を度外視する俳優事情、終いにはアクションを撮れる人間がいなくなってきていることかなとか考えています。まぁアクション以前に、日本の映像作品はアニメを含め全体的にテンポの悪い撮り方してる気がするけど。

 最後に、唯一ここ数年でそのアクションに私が目を見張った日本映画を挙げると、何気に「リアル鬼ごっこ2」が挙がってきます。この作品はタイトルの通りに鬼からひたすら逃げまくる映画ですが、第一作目の撮影では初日終わった後、俳優全員が筋肉痛に襲われたという曰くつきな映画なだけあって、ガチで全力疾走しているのが映像からもはっきりわかります。
 表情一つとってもみんな本気で走っているのがよくわかり、その甲斐あって映像もスピード感があって見栄えのいい仕上がりになっています。2を見てから1も見ましたが、谷村美月氏は好きだけど、やっぱ2の方が見ていて面白かったです。

 なおこのリアル鬼ごっこシリーズですが、3は脚本も映像もクソ過ぎると感じたためにほぼ同時公開だった4と5は見ていません。そして2015年公開の園子温監督による「リアル鬼ごっこ」については見てみましたが、はっきり言って「自分にはこの作品は無理だ」と感じました。多分見る人によっては面白いと思うのかもしれませんけど、自分は見ていて苦しかったというのが偽らざる感想です。

2 件のコメント:

  1. 僕は、アクションではないですが、「龍馬伝」の山内容堂役の近藤正臣はかなりアクの強い悪役をやっていて、はまり役だなと思ってみてましたよ。他にも時代劇色々やってますしね。
    それと「子連れ狼」の北大路欣也とかは冥府魔道を行く親子をはまり役でやってましたし。

    時代劇以外では、「半沢直樹」と「リーガルハイ」で主役を演じた堺雅人もいいと思いますね。
    後、「おんな城主直虎」の高橋一生も演技派でいいと思います。

    日本のアクション俳優は、強いていうとすれば、西島秀俊は邦画のアクション系の映画に出てた気がします。洋画に比べたら、チープな出来になってしまっているかもしれませんがね。。。

    アクションで僕が一番いいと思う人は女優ですが、最近日本のファンタジー長編ドラマの「精霊の守人」というのが放送されていたのですが、そこに出ている綾瀬はるかはかなり健闘していたように感じます。題名の通り、守人=用心棒の役ですが今までトロそうな印象だった綾瀬はるかがかなり軽快でテンポのある動きをしているので一見の価値ありかもしれません。僕的にはCGもそこそこ見れたように感じましたけど。

    余談ですが、上記二名の西島と綾瀬が日本版「Mr.&Mrs.スミス」みたいなドラマもやってました。話はそこそこでしたけど、あまりアクション的には見ごたえありませんでしたね。。。

    返信削除
    返信
    1.  綾瀬はるかがアクション演じてるなんて、やはりそのイメージから俄かには信じがたいですが、そういわれると気になるので機会があればその作品チェックしてみます。
       俳優自体は近年は豊作と思え演技の上手な人は確かに多いのですが、もっとアクションをウリにした濃い俳優も見てみたいと思ってこうして書いてみました。それこそかつての松田優作みたいな。
       それにしても前もドラマに関するコメントがやけに詳しくてびっくりしましたが、サカタさんもいろんな作品チェックされてますね(;´・ω・)どっちかというと自分はハリウッド映画ばかり見ているので、日系映像作品を選ぶ際の参考にさせてもらいます。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。