2014年11月18日火曜日

高倉健に対する中国の反応

 今日は安倍首相の解散宣言といい介助犬はフォークで刺されたのではなく皮膚病だったのではなどとビッグニュースが目白押しな日ですが、何よりも国民にとって大きな衝撃と共に受け止められたのは俳優の高倉健氏の逝去報道で省。すでに各所で報じられているのでニュースリンクは貼りませんが、昼ごろには中国でも大きく報じられて友人なんかは真っ先にメールを送ってきたくらいでした。
 
 中国に高倉氏の人気と知名度については過去にも記事にしておりますが、さすがに若い世代くらいになると知らない人が増えているものの一定の年齢以上の層には未だに圧倒的な認知度を誇ります。高倉氏が主演した映画は改革開放政策に移った中国で初めて公開された海外映画で(確か「幸せの黄色いハンカチ」)、当時の中国の状況を考えると農村部にいた人間からすれば生まれて初めて見る動く映像に映った主演男優が彼だったようで、その影響もあってか私もこれまで中国人が「男の中の男」と呼ぶ人間として高倉健氏の名前が挙げられるのを何度も聞いています。
 ちなみにもうひとり「男の中の男」として挙げられた人物には何故か「聖闘士星矢」の「フェニックス一輝」がいます。基本的に男臭いのが中国人の好みっぽい。
 
 そんな高倉氏の逝去報道は日本の報道開始とほぼ同時に中国でも流れ、今日帰りに立ち寄ったラーメン屋のテレビで見た夕方のニュースでも過去の出演映画の映像と共に長い時間、かなり大きな扱いでもって報じられていました。ではネットではどうかと見てみたところ、ちょっと自分でも驚くくらい大きく取り扱うメディアが多いです。
 たとえばこちらのサイトは東方網というサイトの一ページですが、なんと高倉氏の死去に合わせてわざわざ特集ページを独自に組んでおり、これまでの経歴や主要な出演作品、国内外の評価などについて細かくまとめられており、アクセス数も相当高いようで関連する記事複数本がランキング上位に入ってます。
 
 
 またこちらの記事では高倉氏の結婚と離婚、そして離婚後に再婚をしなかったという経歴についていい具合で記事にまとめています。またマニアックな内容と思いつつもこれに対する閲覧者のコメントも、「再婚しなかったなんてなんて清廉な人だったんだ」とか、「どうか安らかにお眠りください」などと、読んでるこちらも感情を感じるような内容が数多く並んでいます。
 
 かつて三船敏郎が逝去した際、日本国内以上に欧米メディアが大きく取り上げ一部のテレビニュースに至ってはトップニュースで報じられたと聞いております。さすがに高倉氏の場合は日本国内の圧倒的な人気から海外報道が勝ることはないと思いますが、それでもこうして中国メディアが大きく報じる点を見るにつけその影響力の大きさを改めて覚えます。それと同時に、本当に偉大な人が亡くなってしまったのだという強い喪失感も覚えます。果たして今後、彼のような俳優が日本に現れるのか、そもそも映画の中とは言え彼のような日本人が出てくるのか、考えは尽きません。
 
 最後に、先ほど「映画の中とは言え」という表現を用いましたが、映画の外ことプライベートでも高倉氏は非常に生真面目で誰からも親しまれる人物だったと聞いております。かなり昔に坂東英二氏がテレビ番組で語っておりましたが、男やもめの高倉氏に坂東氏が冗談で、「何だったらうちの娘でももらってくれませんか」と言ったら後日、非常に丁寧な言葉でもって坂東氏の申し出をお断りするという直筆の手紙が送られてきてびっくりしたそうです。また同じ番組で、ある晩に突然高倉氏が坂東氏の自宅に一人で現れ、映画か何かで共演した記念として腕時計のプレゼントを持ってきたそうです(高倉氏は度々共演者にこうしたプレゼントをしていた)。
 坂東氏からしたら高倉氏ほどの大物がこうも真剣に接してくれることにひたすら恐縮だったようで、「心臓に悪いのでどうかやめてください。お心遣い、本当に感謝していますから」とテレビを通して伝えていましたが、本当に映画の中の様に生真面目だったという人柄うかがえるエピソードです。

2 件のコメント:

  1. 非常に素晴らしい俳優さんと思いますわ。木村拓哉さんは高倉健さんを超えると思いますか?

    返信削除
    返信
    1.  木村拓哉はやっぱり役者というにはアイドル過ぎる。高倉健は役者としての雰囲気がすごくて、それを維持するためにもバラエティへの出演はほとんどしなかったらしいし。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。