2017年12月18日月曜日

中国軍機の対馬海峡通過について

中国軍5機が対馬海峡通過 戦闘機は初めて(産経新聞)

 たまたまですがさっき見ていたテレビニュースでこのニュースを中国側も報じていました。にしても中国の軍人はいかにも台本めいたセリフを毎回インタビューで話すから発音とか確認しやすい。
 内容については中国側は「日本海の対馬海峡へ遠洋訓練をしに行った」と主張し、いかなる国際法も侵犯しておらず、通常の訓練の一環でこの手の訓練としては過去3年間通して行っていると言ってました。実際、今回は領空侵犯はなかったわけですが、こちらの映像に映っていた戦闘機はSu30だったのかと(複数種類あり、高速爆撃機らしい機体もあった)産経の記事でわかりました。妙に機種部がくびれていたので印象に残りました。

 あともう一つ気になった点として、「東海」ではなくちゃんと「日本海」という呼称を中国は使ってくれてて一安心です。ある意味、領空侵犯よりこういう韓国のわけのわからない名称変更の方が領土保全的には問題だと思います。

2 件のコメント:

  1. 韓国軍機より中国軍機のほうが安心できるやろう?

    返信削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。