2017年6月8日木曜日

日本の統計の怪しさ

 今朝北朝鮮がまた日本海に向けて短距離ミサイルを撃ったそうですが、正直なところ福岡県の母子殺害事件の方が気になって仕方なく、北朝鮮のニュースの方はほんとどうでもいいと思いました。北朝鮮ももっと空気読めよな。
 あとまたマッドシティこと松戸市で一般人のアパートが銃撃されるという事件が起こったそうですが、ぶっちゃけ事件の起きた場所は前に潜伏していた箇所からめっちゃ近く、リンク先の記事の写真からも大体どの辺か特定できるくらいなため個人的にはめっちゃ興奮しました。いろんなことがあるけど、私、この街大好きです。

実質GDP年率1.0%増に下方修正 1~3月改定値 (日経新聞)

 そんな数あるニュースの中で私が今日一番気になったのは上記の日本のQ1GDP確定値に関するニュースです。真面目に深く問いたいのですが、このニュースを見て日本人は誰も何も疑問を持たないのか、仮にそうだとしたら私はとしては信じ難く、日本の将来に対しても先行きは暗いと言わざるを得ません。随分偉そうな口をきいていると思われるかもしれませんが、決して挑発目的ではなくこれは私の本心です。

 果たして記事をきちんと読んでいる人がいるのかわからないため簡単に記事内容を説明すると、GDPというのは基本的にまず測定機関から約1ヶ月後くらいに速報値が出され、その後2~3ヶ月後によりデータを整備した確定値が出されます。今回発表されたのはQ1(1~3月)GDPの確定値ですが、年率プラス1.0%という数値以上に自分が驚いたのは、速報値の年率2.2%から大きく数値が変わっているという点です。伸び幅で考えれば2分の1以下で、これでは一体速報値とは何だったのかと疑いたくなる内容です。

ユーロ圏:1-3月GDP、前期比0.6%増に上方修正-内需主導(ブルームバーグ)

 いくら数値が変わったとはいえ絶対値では約10ポイントの差に過ぎないという方もおられるかもしれませんが、速報値と確定値でここまで開きのある数値が出されるなんて私からしたら信じがたく、実際に今日たまだま同じく発表されたユーロ圏の同期GDPは速報値が前期比0.5%だったのに対し確定値は同0.6%でその差はわずか0.1ポイントに過ぎません。通常の速報値と確定値の差と言ったら大体この程度で、速報と確定で10ポイント以上も変わるなんていうのは本当に起こりうるのか、はっきり言ってしまえばどっちかが作為的に数字がいじくられているのではという疑いを持ちます。

 中にはビッグデータの統計だからありうるという人もいるかもしれませんが、仮に同じことが中国で起きたら果たして大衆はどう反応するでしょうか。中国のGDP発表で速報と確定で2倍も開きがあったとしたら、それ見たことかと恐らく多くの日本人がこれだから中国のGDPは全く信用できないと口汚く罵ることが目に見えています。
 中国のGDPについては私の立場から言ってもいくらか数字が弄られているというのは間違いない事実で、地方別GDPを合計したら毎回確実に全国GDPを上回る結果となることがその証左です。しかし国家発表のGDPと地方発表で異なるということは中国政府も認識しており、実態に即したデータを出すよう中央は各地方に要求している点では私はまだマシだと思います。日本の場合は発表されるデータに対して誰も疑問にすら思わないのですから。

 ここだけの話、私はかねてから日本のGDP発表データについては疑念を持っており、果たして実態に即した正しいデータなのかと疑っていて、中国のデータ以上に信用できないとすら思っています。そう思う理由としては中国では誰もが疑いの目を持ってデータを見ているのに対し日本では誰も疑わず、また発表時にどうしてこのような結果になったのかほとんど誰も分析しないからです。中国の場合は毎回必ずアナリストが何がプラス要因で何がマイナス要因になったのか、消費者物価の変動がどれほど影響しているのか、輸出入の変動はどうだったのか様々な角度で活発に議論され、また中国政府自身も毎回必ず分析所見を発表しています。
 然るに日本の場合は一体何がどうなってこの数値になったのか全く改設されず、検証もほとんどされません。その上で私の肌実感からも程遠い数値が毎回出されており、さらに私個人として非常に信じられないのは都道府県別GDPこと県民経済計算が四半期毎に出されていないどころか、隔年でしか調査発表されていない点です。中国は省・市別GDPを四半期毎に発表しており、数字が改ざんされている可能性を考慮してもある程度の傾向は見て取ることが可能です。

 恐らくですが、今年Q1の日本のGDPは実質的にはマイナスだろうと考えています。理由は確定値をここまで下げているからで、改竄した値を次期以降にやや実態に近づけるための処置に見えることと、今の日本経済は実質的に経済力や国際競争力ではなく為替変動ですべて決まると思うからです。
 もともと日本人というかアジア人は全体的に統計が下手ですが、今の日本の経済統計指標は私から見て全く宛てにならず、むしろ時期毎に改ざんされている可能性が高いのではとすら思います。しかもそうした改竄されたデータを基にあれこれ政策を立てるのだからうまくいくはずもなく、出生率とかに関してもいくらか怪しんでみた方がいいというのが個人的な意見です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。