2019年4月9日火曜日

紙幣新デザインについて

 この前ニトリ行ったら売れ残った加湿器が安売りされてましたが、今冬に限ってはガチで除湿機を買うべきかどうか悩みました。実際4月に入って以降、湿度は12~3月の頃より下がってますし、70%超える日もなくなりました。っていうかマジ今年の冬はおかしかった。

 話は本題に入りますが、紙幣のデザイン変更ニュースが話題となっています。人選に関しては私の見方だと無難かつ適切だと思え、渋沢栄一を持ってくるのは自然な成り行きかと考えます。あと一分で何故変えるんだとか無駄金だとかいう人もいますが、偽札対策のことを考えたら変えるのが当たり前で、実際に今日も台湾で大量の偽一万円札が見つかったというニュースが出ています。文句をいうのはそれぞれの勝手ですが、どうせ口に出すならもっと面白くて建設的なこと言えよなと思います。

 話を戻すと、紙幣デザインに使う人物に関しては昔に友人とも話題になって誰がいいかという風になり、最終的には日ハムや巨人で活躍した小笠原道大選手(ヒゲ有り)がいいという結論に落ち着きました。それにしても思い返すにつけ、統一球最大の被害者だろうなこの人。
 改めて今回考え直したところ、やはりこのところは明治以降の人物に限定されていますがもっと遡っていいのではないかと考えたところ、最初に浮かんできたのはマッカーサーでした。まぁ日本にとって必要な改革をバンバンやり遂げた人には間違いありませんが。それ以外となると、渋沢栄一に連なる人物として田沼意次が浮かびます。田沼意次の紙幣で賄賂送ったらいろいろと楽しめそうです。

 そのほか好きな人物を選んでいいんだったらやはり、水木しげるが一番に来ます。っていうか生誕100年に当たる2022年には何かしら記念紙幣を出してほしいです。八百万の神様にかけて水木しげる800万円札(妖怪銀行券)とか出たら、国債でも構わないから借金してでも私は買うでしょう。
 このほか文化人枠なら不倫を文化にまで高めた石田純一氏とか、国際的な知名度を考え安藤広重とかも有りでしょう。

 あと、ガチで選ぶとしたら立花宗茂を推します。理由は全国に名を轟かすほどの猛将であるのと、関ヶ原の合戦で領地をまるまる失いながらその後見事本領復帰を果たしており、七転び八起きを実践した点からも、今後の日本の目指すべき姿と重なるためです。

2 件のコメント:

  1. 片倉(焼くとタイプ)2019年4月10日 19:59

    紙幣に肖像画の使用回数が多いのは、偽造防止のためだそうです。人間の脳は人物の表情の
    わずかな違いを見抜く能力に優れているため、偽札のわずかな違いを見抜きやすいそうです。
    昔のお札に髭を生やしだ男性が多かったのも、髭や皺を書かなければいけないという作画の
    手間が、偽造防止に役立ったという面もあります。 そういった意味ではアニメや漫画の
    キャラクターは、皺や皮膚のシミ、たるみと言った「雑音」がないため、紙幣のデザインに
    するには不向きです。 
    福本信行先生の漫画 カイジの兵藤会長は髭も皺もありますが、彼が紙幣のデザインに採用
    されたら、いろいろな意味で笑えない冗談になりそうです。

    返信削除
  2.  コメントを見て、書き込みの多いキャラならいいのかな、原哲夫のラオウとかならどうだろうとか思いました。兵藤会長は偽札に使うならいいキャラなんですが。

    返信削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。