2014年9月24日水曜日

宇都宮病院事件について

 今日は唐突ですが古い事件をちょこっと紹介します。なんでこんなの取り上げるのかっていうと後で解説します。
 
宇都宮病院事件(Wikipedia)
 
 この宇都宮病院事件というのは1983年に起こったという発覚した事件なのですが、私はこの時点でまだ生まれていないので発覚当時はどのように報じられたのかなど全く分かりません。ただ少なくとも私より年少の世代であれば確実にこの事件のことは知らないだろうなと思うので、まだ紹介する価値はあるのかなと勝手に考えてます。
 そういうわけで早速事件の概要を説明していきますが、この宇都宮病院というのは正式名称が報徳会宇都宮病院で、精神科病棟、つまり精神疾患者を対象とした治療施設を保有しているのですがここでは非人道的な看護・医療処置がかつて行われており、入所者に対する暴力や虐待は当たり前、挙句の果てに何人かが暴行が原因で死んでしまったことはともかくばれてしまったから大事になったというのが事件のあらましです。なおこの病院自体はまだ存続してます。
 
 さてそんな宇都宮病院がどのような足跡をたどっていったのかというと、今はどうだか知りませんが戦後になって精神科病棟であれば通常の病棟に比べ常勤の医師や看護師数は少なくても設置、運営を認めるという法律が通ります。さらに手厚い融資策なども取られたことから高度経済成長期にかけて精神科病棟は各地でどんどん病床数を増やしていったわけなのですが、そうした精神科病棟設置のビッグウェーブに乗って作られたのが宇都宮病院でした。
 宇都宮病院は1961年に石川文之進という医師が前身となった石川医院を改組する形で開院されました。石川は元々内科医ではありましたがやはり精神科は設置しやすい上に医師や看護師数が病床数に比べて少なくてもいいという経営上の判断から宇都宮病院を作りました。ただ院長が精神科について何もわからないとなるとちょっとカッコ悪く、箔をつける目的もあって東大医学部精神科の武村信義に指導を仰ぐ形で研究生になります。
 
 このような形でスタートした宇都宮病院でしたが、どうも開院当初からお世辞にも真っ当な病院ではなかったと聞きます。初めから経営を優先するような運営が目立ち、ベッドを埋めるためにそれこそなりふり構わない形で入所者を集め、中には精神疾患とはとても言えないような健常者ですらあれこれ理由をつけたり、もしくは家族から要請があればどんどんと入所させ、医療保険料を国に請求していたそうです。また医療環境、というか法律なんか始めから無視しており、本来やってはいけないのに看護師に診断をやらせていただけでなく死体解剖まで医師以外の無資格者に行わせていたというだけにその意識の低さには呆れてきます。さらには作業療法と称して入所者に作業を行わせ、その勤労文の利益はしっかり着服するということまでやらかしてます。
 
 これらの点だけでも悪い病院のよくある話としてそれなりに面白いのですが、本気で面白いのは院長の石川を取り巻いた人物たちです。石川の弟は地元の選挙に出て最終的には栃木県議会議員になり、まぁ恐らく行政の面からあれこれ宇都宮病院をバックアップしたことでしょう。そんな石川の弟以上に面白いのは、前述の東大の武村医師です。
 武村自身は研究医であって臨床医の経験はなく、はっきり言って石川を指導できるような医師ではないのですが箔つけに協力し、また宇都宮病院から得られる患者のデータを自分の研究に使うことでWin-Win、というよりはギブ&テイクの関係を石川と持ちます。もっともこうした行為は武村だけでなくほかの東大精神科に所属する医師たちも行っており、宇都宮病院の入所者に対する虐待行為や違法行為について知っておりながら黙認していました。
 
 もっともこうしたおおっぴらな悪事がずっと続くわけでなく、本人はいたって正常にもかかわらず仲の悪い親族に仕向けられて入所した男性が朝日新聞にタレこみ、その内情がメディアによって暴露されたことによって一気に社会から批判を受けることとなります。その後警察の捜査も入りより詳しい状況が明らかになり、その操作過程で1981年から三年間で入所者が220人も死んでいたことや、看護師による暴行が原因とみられる死者二名の案件で看護師数名と院長の石川が起訴され、最終的に有罪判決が下っています。
 この起訴案件となった死亡した入所者二名に対する虐待ですが、なんでも片方は食事がまずいと言ったところ看護師に金属パイプで20分間目一杯叩かれて死亡し、もう片方は劣悪な病院の現状を見舞いに来た知人に話したら職員に殴られて死亡、というよりは殺されたと、過去の事件とは言え自分ですら腹立たしく思えてきます。こんな些細なことで入所者を殴り殺しているくらいなのだから、監獄以上に劣悪で非人道的な行為が行われていたと想像できます。
 
 関係者のその後ですが、石川を含めた宇都宮病院の主犯格らは前述した通りに有罪判決を受け、また石川と深いかかわりのあった東大の武村は世間に批判を浴びる形で東大の研究機関を辞任し、再就職先として宇都宮病院へ移っています。こういってはなんですがこの時代はまだおおらかだったのだなぁと思えるのですが、石川らは現代なら無期懲役、下手したら死刑もあり得るでしょうに、武村も医師免許の剥奪を受けていたのではと勝手に考えています。
 改めて言いますがこの事件で不謹慎ながら何が面白いのかというと、儲けを優先する悪医者、それを支援する議員の弟、さらにギブ&テイクで黙認する大学と、こんなB級ドラマみたいなキャスティングが見事に揃ってお決まりな行動を取っていたという点です。しかもすぐにばれたというわけでなく会員からそこそこ時間経っての発覚というエピローグ付です。
 
 ただもう少し真面目な話を付け加えると、この前も児童養護施設で虐待が行われていたことが発覚しており、昔から何度も似たような問題が起こっておきながらこの手の話は尽きることがありません。もちろん発覚は内部通報によるものが多いですが、発覚まで長い時間が経過していることも多く、より社会の監視を強めるとともに内部通報者に対する対応の充実、捜査能力の拡大が今この現代だからこそ必要なのではないかと思えます。なお非常に攻撃的な性格ながらも自称自由主義者の自分に言わせるなら、善きにしろ悪しにしろ徹底した情報公開こそが最高の対策だと信じています。
 
  何故この記事を書いたのか?
 実は先週土曜から昨日まで密かに日本国内へ潜入していて更新も滞っていたのですが、昨日地元の友人とココスで朝食食べながらいつものように、「部活動こそ日本の教育の癌だ!」と熱く吠えていたところ、隣の席で医療系の学校に通っているっぽい女の子二人が互いに課題のプリントを読み上げている中、「えーっと、精神疾患者に対する待遇問題で宇都宮病院事件ってのがあって……」と口にしたのを耳にするや私は、
 
「ちょっと今隣の席で出てきた宇都宮病院事件だが、これほんまめっちゃ面白い事件やねん」
 
 と、それまでの話題をぶちきっていきなりこの宇都宮病院事件の解説をやり始めました。友人は苦笑していて、隣の女の子二人も、「あたし、宇都宮病院事件はこれでめっちゃ覚えたよ」と笑いながら話してました。相手の話題に割りこんじゃって、ちょっと悪かったなぁ。

2 件のコメント:

  1. 片倉(焼くとタイプ)2014年9月28日 11:53

    伝説のネタアニメ「チャージマン研」の(恐怖!精神病院)の回でも精神病院についての描写があります。
    現代からすれば、無理解、偏見まみれの描写ですが、宇都宮病院事件以前の世間の精神病院に対する印象がうかがえます。
    (チャージマン研は1974年に放映)
    他にチャージマン研には「戦慄、悪魔の病院」という回があり、ジュラル星人(悪役)が病院の食事に工場廃液を混ぜて妊婦に
    食べさせ、奇形児を生ませるという今では絶対に放映できない回があります。

    かくいう私は「チャージマン研 こんなところ」と検索して宇都宮病院事件を知りましたよ

    返信削除
    返信
    1.  またえらく昔のアニメを見ておりますね。さすがに自分はその「チャージマン研」は今まで知りませんでした。
       今も精神病院は暴れる患者も少なくないため一般人から見たら「えっ」と思う抑え方も多いと聞くものの、歴史というのはまだ浅いほんのちょっと前でもこうした日人権的な扱いが日常的だったと思うといろいろ考えさせられます。もっとも、その当時のアニメの表現描写に関しても今でこそ「マジかよ!?」とか思えてきますが。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。