2015年1月20日火曜日

ISISの日本人人質事件について

 このところ時事ネタを一切触れていないのでたまにはという具合でこのネタを書くことにします。

 既に各所で報じられているのでニュースリンクを貼りつける必要もないので省略しますが、本日イスラム国ことISISは日本人二人を人質にとり、日本政府に対し二億米ドルの身代金を要求しました。人質となった二名の身元はほぼ判明しており、そのうちの一人は既にISISによって拘束されていると見られていた湯川遥名氏であるようです。

 まず人質についてですが、確かに出来ることなら助かってほしいとは思うものの上述の湯川氏に関しては巷間伝えられている内容が事実であるというのであれば、個人的な感情としてこのように人質となってしまったのも自然な成り行きだったのではとやや思います。というのも傭兵会社代表の名刺を持ってこんな危険な地域をうろついていればISISでなくても拘束するのが自然な気がしますし、いくらなんでも迂闊すぎる印象を覚えます。

 次に政府についてですが、既に身代金の要求には応じない方針で人質解放のために交渉を含め全力を尽くすということを菅官房長官が明らかにしています。この政府の対応について私の方からとくに文句はなく、テロリストとは身代金などと言った条件交渉は一切行わないという姿勢は当たり前と言えば当たり前ですがしっかりやれていることには安心できます。また安倍首相の中東外遊で視察などの予定を一部キャンセルする対応もなかなか早くて評価できる対応です。

 という具合でもう書くことなくなっちゃったので前から書きたかったことをこの際書いちゃうと、かつてのイラク戦争前までイスラム教の過激派というと少数派のシーア派勢力が主だと伝えられていました。所謂イスラム原理主義者はこのシーア派出身が主であったのですが、伝え聞くところによるとISISの幹部はシーア派ではなく世界のイスラム教徒の大半を占めるスンナ派で、旧フセイン政権の残党が母体となっているそうです。
 これが何を意味するのかというと、シーア派とスンナ派でどっちにテロリストが多いのかという大きな分別が出来なくなったことはおろか、イスラム教宗派の教義や集団的特徴が見え辛くなってきているということです。専門家ではないので詳しいところまではわかりかねますが、北アフリカのボコ・ハラムを含め、近年のイスラム過激派テロリストの行動は宗教的協議に則った方針なり行動理念は見えず、また続々とISISに参加する外国人を見ていてもただ単に自分の欲望、破壊欲求のような暴力をすること自体が目的なのではとすら思えてきます。

 勝手な意見でそのまま話を進めると、こうした参加者らはまるでイスラム教を暴力のシンボルの様に捉えてているように見え、協議なり信念なり理想は度外視されて破壊活動が行われているようにしか見えません。またそれと同時に、冷戦期における西側諸国の極左勢力もこういう具合だったのでは、細かい思想なり考えは度外視されてただ社会の不満を晴らす暴力を行う理由づけのシンボルとして機能してたのではないかと、少なくとも旧赤軍派の面々とその行動を見ていて思います。

 このように考えるとなかなか世界は悲しいものです。世の中は暴力を正当化するシンボルが求められているということになり、ハードロックなどああいうやや過激な音楽スタイルなどもこの系統に入るのかもしれません。まぁ音楽なら直接殴ったりするわけじゃなくそれでストレス解消になるのなら真の意味で世の中に必要とされているのかもしれませんが。

 では「○○ハイツ、最強の武闘派」とまで呼ばれたほど過激な性格の私はどこでそういう破壊欲求なりストレスを解消しているのか。私の場合は激しい系の音楽はあまり聞かずどっちかっていうとゲームとかでストレス潰したり、あとこういうところで過激な記事書いているのでそこそこ消化できているのではないかと自己分析しています。ただ最近ストレスがややたまっているのか、同僚へのメールでいい加減極まりない図面を送ってくる会社の設計部に対して「金属バット持って乗り込みたい」なんて内容を送ることが増えてきました。なんで板厚も自由高さの寸法も書いてない図面で見積りよこせとか抜かすんだよあの北欧メーカー……。

5 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1.  これも意味が分からない。何故昭和が出てくるんだ?

      削除
    2.  自らコメント削除するくらいなら初めから書くな。周りにちゃんと指導してくれる人間がいないのか?

      削除
  2. 自衛隊をIS国に派遣できますか?ご回答頂きたく。

    返信削除
    返信
    1.  細かいようだが説明しておくと、IS国ことISILは領土を持つ国家でも政府でもなく、一つの武装組織だから。IS国という場所は存在しないよ。その上で回答すると現状では直接戦闘する可能性のある地域には自衛隊は派遣できないからまず不可能だ。なお小泉はイラクに派遣する際、「自衛隊が行くところが非戦闘地域だ」という、とんでもない言い方で押し通している。聞いてる分には面白いが。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。