2015年1月25日日曜日

イスラム国の日本人人質殺害について

 専門家でもない自分がこのような報道について意見を書く必要があるものかとやや悩むものの、友人などから事件についてどう思うかという問いがよく寄せられるのであくまで参考として書くことにします。個人ブログということもあり多少は大目に見てもらえば助かります。

 既に各所で報道が出ている通りイスラム国(ISIS)の人質となって安否が心配されていた湯川氏が殺害されたとみられる画像が、同じく人質となっていた後藤氏の映像と殺害の事実を語る音声とともに公開されました。これまでに出ている分析だと信憑性の高い情報だとされ、またISISの性格上、殺害していないというようなブラフはないと私も思います。この映像が公開された影響からネット上のニュースはほぼこの件一色で、殺害された時期は、今後の対応はどうするのか、残った後藤氏の救出はどうなるのかなどいろいろ議論が出ています。

 まず今回の殺害事件について私が最初に言いたいことはというと、この一人の人間の死は特別な死なのか、それともよくある一つの死なのかという点で、言うまでもないでしょうが私にとっては後者です。外務省に言われるまでもなく現在中東の戦闘地域は非常に危険な状態だとわかりきっており、仮に無理矢理連れてかれるのであれば全く話は別ですが、自らそんな危険地帯へ渡航するなんて一種殺される、または殺す覚悟がなくてはならず、それがなかったとすれば残酷ですが弁護のしようがありません。やや驚嘆な比喩ですが、飛び込む必要のない火の中へ自ら飛び込むような行為でその結果として死んでしまうということは飛び込む前から十分に予想できた事態です。むしろまだ不意な交通事故死の方が私からすれば特別な意味があると思います。

 もちろん湯川氏の遺族の方々に対しては強い憐憫の気持ちを覚えますが、だからと言って今の状態の様にみんな揃って大騒ぎするほどの事件かと思えばそうでもない気がします。政府も仮に、「やれるもんならやってみろよ」とISISを挑発するような声明を出していれば別ですが、相手側に殺害を制止するなど最低限取るべき処置は取っており、関係者以外であれば中東で一つこんなことあったくらいの受け止め方でいいのではないかと思います。

 なお一部でISISが要求する2億米ドルの身代金を政府は出すべきだった、検討すべきだったと妙な団体や人が主張していますが、こうした意見に対しては私個人として強く批判させてもらいます。額もさることながら仮にそれほどの身代金を渡すとなると、ISISはその金をもっと多くの人間を殺害する事に使うことが目に見えているからです。現地の人間が殺されようとも日本人は殺されてはんらないなんて理由はなく、相手はテロリストであるので決して交渉してはなりません。
 同様に今回の政府の対応を巡って安倍首相を強く批判する方々もおられますが、正直に言ってどうしてこんなことを放言する人間が大手を振って世の中歩いていられるのかが私には理解できません。この事件で真に憎むべき存在はISISであって安倍首相ではなく、、いくらなんでもこの事件でもって安倍首相を批判するのはこじつけもいい所です。

 最後に映像に出ていた後藤氏の発言内容を見てみると、ISIS側は現在ヨルダン政府にテロ行為を行ったことから拘束されている幹部の妹を解放するよう要求しているようです。他の誰もが言わないので私が言いますが、ハンムラビ法典には「目には目を」という報復方法を定めた法がありました。また日本では、「やられたらやり返す。倍返しだ」という言葉が一時期流行りました。

2 件のコメント:

  1. 聞きたいですが、もしIS国に殺害されたら、日本国内で購入した人身意外保険は効くでしょうか?

    返信削除
    返信
    1.  殺され方にもよるけど、海外保険の種類によっては適用されると思うよ。自殺志願者なんかはその方法使えば意外と保険金を残せたりするかもね。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。