2018年9月19日水曜日

東京五輪ボランティアの謝礼にみるデフレ

東京五輪・ボランティアに一日千円支給(痛いニュース)

 上記のリンク先記事は今日ニュースでも出ていたので知っている人も多いかと思います。やはりネット上の反応は批判が多いというか呆れたという声が多いようです。かねてから東京五輪ボランティアに交通費の実費支給すらしないことに批判が集まっていましたが、そうした批判にこたえるかのように今回打ち出された1日につき千円のクオカード支給という斜め上なこの対応は、自分もなんやねんと思う内容です。

 今日改めて上のリンク先の反応を見ていて、国もこんな調子だから賃上げも起きないし、デフレも続いてんじゃないかと思えてきました。現在、政府はアベノミクスを声高に叫んでは企業に賃上げするよう求めていますが、その国と都が交通費や食事代といった最低限の経費支給すら行わず、見るからに安く済ませようと1日千円、それも現金ではなくクオカードで配るあたり、賃上げなんて起きるわけないでしょう。逆に本気でデフレを解消させようってんなら、このところ選挙のたびに現金配るくらいならこの東京五輪ボランティアに対して経費別途支給の上に1日1万円くらい配った方がずっと有意義な気がします。
 この点は私が確認する限りはまだ誰も指摘していないように思えるのですが、逆を言えば海外にいる私だからこそ気づいたのかもしれません。ややきつい言い方になりますが、日本人はすっかりデフレが当たり前で目の前の賃金関連事項についてもいまいち反応が鈍いデフレ脳なのではと少し思うところがあります。

 ついでにかくと折角総裁選やってるんだから石破氏もこうした五輪ボランティアの謝礼問題や、安倍首相が変に前のめりなサマータイム導入などについて批判した方がまだ世論の関心引いたのではないかという気がします。そんな石橋についてヤメ官の古賀茂明氏は、「論戦したら、石破氏の方が頭はいいし、はるかに論理的だということがすぐにわかる。」と評していますが、これに関して私ははっきりと間違っているとみています。
 正直言って石破氏の弁舌の悪さは筆舌にし難く、またこの総裁選の中で発した一連の発言も具体性を欠くばかりか、むしろ問題先送りを是とするような主張に強い違和感を覚え、あんなの見せられたら誰もが「まだ安倍首相の方が……」と考えるのではないかと思います。

 あまり自分も人のこと言えたもんじゃありませんが、どうも古賀氏については安倍政権憎しで現実を無視した発言をすることが多すぎる気がします。元からあまり参考にしていませんでしたが、今後に関してはクレジットを見た時点で記事読むのをやめることにします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。