2013年11月5日火曜日

ヒトラーが溺愛した姪

 ナチスドイツのアドルフ・ヒトラーと聞いたら誰もがちょび髭のあの顔を思い浮かべることが出来るでしょう。更に詳しい人だとエヴァ・ブラウンという女性がヒトラーの愛人で、ヒトラーとは自決を行う直前に仮初めとはいえ結婚式を挙げたということも知ってるのではないかと思います。しかし今日紹介しようと思う「ゲリ・ラウバル」という、ある意味でヒトラーが最も本気になって少なからず彼の人生に影響を与えた女性については知らない人も多いのではないでしょうか。

ゲリ・ラウバル(Wikipedia)

 このゲリという女性はタイトルにも掲げた通り正真正銘のヒトラーの姪っ子で、具体的にはヒトラーの異母姉であるアンゲラ・ヒトラーの娘です。ヒトラーはナチ党のリーダーとなってその勢力を拡大するにつけて多忙となっていくのですが、自身の住居としてベルクホーフを構えると身の回りの世話として異母姉を呼び、それに伴って現れたのがゲリでした。
 おじと姪っ子ですから年の差は随分と離れていましたがヒトラーはこの姪っ子にぞっこんだったようで人目をはばからずべたべたと接触し、またヒトラーらしいというか異常な執着心を見せて自分以外の男性を誰一人近づけさせないようにまでします。実際にヒトラーの運転手とゲリはそこそこいい仲にまで発展したそうですが、その事実を知るやヒトラーはその運転手を解雇する始末でした。

 こうした姪への干渉は明らかに度が過ぎた物でヒトラーの周囲は誰もがヒトラーがゲリに特別な感情を抱いていると知っていたと言われる、というか当時の新聞にもスキャンダルっぽい記事で公にも報じられてたそうです。ただその出来合いぶりは文字通り以上で、終いには自由な外出を禁止して屋敷に軟禁させるかのようにしたそうです。
 もちろんこんな措置、若い女の子には苦痛以外の何物でもないでしょう。こうした叔父の指図に対してゲリの側も段々と反抗してくるようになり、多分拘束から逃れたかったのかウィーンに行って声楽を学びたいと志願しますがヒトラーはこれを許しませんでした。

 そして来る日が来たというか1931年の9月、ゲリは自室で突然拳銃自殺をしてしまいます。遺書は残されておらず自殺の理由については未だはっきりしませんがヒトラー自身は深い責任を感じ、「俺も自殺する」などと喚いては周囲のナチ党幹部を青ざめさせたそうです。これだけ書くとまるでヒトラーは構ってちゃんにしか見えませんがどうやらマジでショックだったらしく、ゲリの葬儀が行われた後には一時期行方不明になって、八方手を尽くして探し出してみるとなんとゲリが埋葬された墓の中でめそめそ泣いていたというから驚きです。歴史上の彼の姿からも思い込みが激しい人物像がうかがえるだけに、あのヒトラーならやりかねんとか私は考えちゃいます。

 その後、周囲の幹部らの励ましによってどうにか立ち直って第三帝国を作るに至るわけですが、ある意味ここでヒトラーが政界から離れて一市民に戻っていれば彼自身にとっても、ドイツにとってもマシな未来になってた可能性があります。そう思うだに歴史は深いなぁと思うわけですが、さっきにも書いた通りに姪っ子をこれだけ溺愛する執着心と思い込みの激しさがあったからこそヒトラーなのであって、この仮定は仮定として成り立ちませんね。

2 件のコメント:

  1. ヒトラー氏と江沢民氏、どちらが好きでしょうか?

    返信削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。