2013年11月1日金曜日

山本議員の手紙問題について

 昨日一昨日と大学の先輩と一緒にエスニック料理を食べ回っていたのでまた更新がしばらく空きました。エスニック料理についてはまた後日書きますが、今日はまず久々の政治ネタというか元俳優である山本太郎議員の天皇への手紙問題について自分の意見を紹介します。結論から言えば今回の山本議員の行動は国民の代表たる議員としてあるまじき行動で、与野党幹部が求めている通りに速やかに議員辞職するべきでしょう。

 事の内容について簡単にまず説明しますが、昨日行われた秋の園遊会に招かれた山本太郎議員は天皇に直接、福島の原発問題について自分の意見を書いた手紙を渡しました。この行為について山本議員は天皇に福島の現状を伝えたかったためで政治的意図はないと説明しており、天皇に手紙を渡してはいけないというルールなんてないと開き直る態度も見せています。もっとも天皇に対して何かしら意見を言う際は内閣を通さなければならないという法律があるようで、渡してはいけないルールは存在するのですが。
 また山本太郎事務所のツイッターによると渡された手紙には、「子供と労働者を被ばくから救って下さるよう、お手をお貸し下さい」という内容が書かれてあり、仮にこれが真実だとしたら天皇の影響力を行使して政策を動かすこととなり、憲法、というかそれ以前の問題で禁止されている天皇の政治利用に明らかにつながると私は考えます。この点について山本議員はまた開き直るというか、「天皇陛下万歳という言葉を使うこと自体が政治利用だ」という自分の問題をはぐらかすかのようなわけのわからない主張を展開しています。

 どこから突っ込んでいいものか非常に悩ましい所ですが、少なくとも山本議員を弁護する余地は何もないと私は断言します。福島の放射能問題について天皇になにか伝えたところで何が動くのか?何も動かないでしょうし動いてはならないのです。そもそも山本議員は国会議員という非常に高い権力と意見発信力を持つ身分にあり、そんな身分でありながら合法的で正当な手段を使わず、このような自分の力を使わず他人を出汁に使うような卑怯な手段を取ったことに私個人として強い怒りを覚えます。

 また、以前からというか山本議員の発言はとんちかん極まりなく、世間をいい方向に運ぼうというよりはただ自分が嫌いなものを口汚く罵るしるだけの内容ばかりです。具体的に挙げると「自衛隊は人殺しの訓練をしている」とか「国会の弁当は放射能まみれだ」などというようなもので、放射能の問題をどう解決するか、除染の費用をどう確保するか、どのような手段を取るべきかというような前向きな意見は何も聞こえません。ただどこかに存在するのかしないのかわからない仮想敵に対して悪口雑言を述べているだけです。自分が言えた義理ではないかもしれませんが、このようなネガティブな人間からは絶対に何も生まれないでしょう。

 仮に今回の手紙問題だけならきちんと謝罪すればそれでいいかなとは思いますが、山本議員はこれまでの発言・行動からも信用に足る要素は何もなく、今回の騒動でも開き直るような態度を見せていることからもこの際だからぜひ政界から出て行ってもらうべきでしょう。もっとも、かなり強い調子で予言しますが、山本議員は今後海外で「日本という国をダメな国だ」というように日本批判をきっと始めると思います。何故そんな予言をするのかというとこの人がネガティブな人間であり、自分の行動の責任を全く考慮せず周囲の問題だと考える節があるからです。今回の手紙問題でもマスコミが騒ぎ過ぎだなどと反論してますし。

 彼は守るものがあるから戦うのではなく、戦うために敵を自ら作る性格なんじゃないかと思います。守るもののために戦うのは決して善ではなく正しいとは限りませんが、戦うために敵を作るということは間違いなく邪悪で、私自身は排除すべき存在だと考えます。

6 件のコメント:

  1. 自分が正しいと思い込んでいるいる人ほど扱いにくい人はいませんよね。。

    返信削除
    返信
    1.  深いお言葉、ありがとうございます。山本議員に関しては記事にも書いてますが間違いなく自分が正しくて、不都合なことは周囲に問題があると考えている節がありますね。
       もっともこう書きながらも、もしかしたら自分も同じ穴のムジナかなと懸念してます。このブログでも偉そうに安全な立場から批判ばっかしているし、批判される人はいい気分しないだろうなぁって思うと書くべきか、書かないべきかとこの頃よく悩んでます。ただ今回の山本議員の行動に関してはあくまで自分自身の意見として許せるものじゃないという事だけを日記として残そうと思い、自分でも引くくらいの勢いで強い口調で批判することにしました。もうちょっと冷静っぽい内容に書くべきだったかな。

      削除
  2. 山本太郎議員ですね、わたしも良い印象はもっていないのですが。
    この前、子供と「仮面ライダースカル」の映画のDVDをみてたら、山本太郎が悪役の蜘蛛男役で出演してたんですよ。吉川晃司演じるスカルの相棒役で、表はすごくいい奴だけど、実は蜘蛛男という役柄で、そのニコニコしたいい奴っぷりと、蜘蛛男の気持ち悪さの豹変する感じがよく出ていて、でも、それがすごく自然で、変身するしかなかった蜘蛛男のさびしさなんかもにじみ出ていて。この人、いい役者だったんだな~と思ったんですよ。悪役がいいと主役も光るから、映画もひきしまっていて。なんで、俳優やめちゃったんでしょうね。いろいろ性格に問題があったとしても、それもひっくるめて、蜘蛛男のような役にも生かせるし(^^;)、俳優だったら食べていくのに困らなかったのではないかなぁ。俳優として実績があったから、反原発発言の当初は同情も得られていたのに、迷走してますね。議員批判は、じゃんじゃんしていいかと思いますよ。我々を代表して国を作る職業だし、議員や政治家批判は参考になります。

    返信削除
    返信
    1.  自分も役者としての山本太郎氏は非常に高く評価しており、特に視聴率的には振るわなかったけど2004年の大河ドラマ「新撰組!」で演じた原田佐之助役は本人のキャラともマッチしていて今でも演技ぶりが目に浮かびます。もっとも、このドラマでは山南敬助役を今を時めく堺雅人氏が演じて、その図抜けた演技力が他を圧倒していたことの方が印象深いですが。

       思うに、山本議員は震災発生当時でこそピュアな気持ちでこの問題に向いていたのだと思いますが、途中からなんか方向性がおかしくなったというか手段を問わずこの問題を取り上げる=なにかしらPRすることが正しいと思うようになったのではないかという風に見えます。しかし批判だけするなら社民党よろしく何も生まれないため、どうか考え直してまた役者に復帰したらと陰ながら思う次第です。

      削除
  3. キミは政治に詳しく、議員の選挙に出馬したら如何でしょうか?上海より応援しますわ。

    返信削除
    返信
    1.  よく政治家にならないのと言われるが、俺自身はなる気ないなぁ。上海市長だったらやってもいいけど。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。