2013年11月6日水曜日

山西省の共産党庁舎前爆発事件に対する見解

 このところ秘密のお仕事が忙しいので今日はサボろうかと思っていたらまた中国で爆発が起きたので、さすがにこれは放っておけないので今日も頑張って書きます。ちなみにこの前、かなり久々に大学の同期生と会ってきましたが、「よくもまぁ毎日ブログを書き綴っていられるね」とやっぱり言われました。同期生らはみんなフェイスブックをやっていて写真とかすぐアップしてましたが、フェイスブックやツイッター、ミクシだと文字量少なくて自分には合わないんだよね。

計画的犯行、小型時限爆弾か=中国公安、「テロ」で捜査―山西省共産党委前の事件(時事通信)

 そんなかんだでようやく本題ですが、報道で皆さんも知っているかと思いますが本日、中国の山西省太原市にある共産党委員会庁舎前で小型爆弾が連続して爆発。1人が死亡、8人が重軽傷を負うという痛ましい事件が起こりました。爆弾は少なくとも5ヶ所に連続して爆発するように設置され、しかも殺傷能力を高めるためにベアリングが入れられていたとも報じられており、看過することのできないテロ事件と言って間違いないでしょう。

 今回の事件はその爆弾の威力もさることながら、事件が起こったこのタイミングの方に注目する人も少なくありません。というのも先週月曜日の10/28、私も記事にしていますが北京の天安門前に自動車が突入し、炎上するという事件が起こっております。中国当局は天安門の事件についてウイグル族の独立派グループが計画・実行したテロ事件だとして既に数人の容疑者を逮捕していますが、米国をはじめとする先進国はこうした中国の見解について疑義を呈しており、起こった事件を口実にウイグル族の弾圧をしているのではないかとより詳細な捜査を求める始末です。
 そんな最中に起きた今日の事件。見方によれば先週の事件に合わせて今週もウイグル族の独立派が起こしたテロ事件ではないかとも見れますし、前の事件とは全く関係なしに起こされたとも見えますし、ウイグル族とは別の反中国政府グループが起こしたのかもしれないしで現段階では何とも言えません。先程中国の新華社サイトなどを

 ここから先は根拠のない、完全な私の推測を書き連ねていきます。
 まず今日の事件の一報を見た際、中国共産党による自作自演の可能性を考えました。先週の天安門前の事件に引き続くように大きな事件を起こすことによってウイグル族のテログループの反攻だと断定し、彼らへの規制なりを強化するためわざと起こしたのではないかという考えですが、考えておきながらですがこれはやっぱり有り得ないでしょう。というのも、仮に中国共産党が自作自演の事件を起こすとしたらわざわざ自分たちの縄張りである共産党庁舎前ではまずやらず、郊外や市街地などで起こす気がします。連中は自分たちが傷つくのには敏感でも一般市民に関してはそうでもなさそうだし。また爆弾が5ヶ所でほぼ同時に爆発したという事実も、自演でやるにはちょっと大規模すぎます。

 では誰が事件を起こしたのか。言われている通りにウイグル族のグループなのかというとちょっとまだ疑問があります。その理由というのも、先週の天安門前の自動車炎上事件が組織だった事件とは思えないからです。
 先週の事件では炎上した社内にウイグル族の人が3人乗っていたと報じられ、これがウイグル族が疑われる要因となっておりますが、テロ事件とするには車でただ突っこむだけで手際がいいとは思えず、天安門前は確かにシンボリックな場所ではありますが共産党への怨みがあるというのなら今日の事件みたいに庁舎なり政府機関のある建物を狙うように思え、観光客が多い天安門前に突っ込んだというのはどこか自暴自棄な印象があります。前の記事でも書いてある通り、天安門前の事件に関しては個人の自暴自棄が生んだもののように思えます。

 しかし今日の事件に関しては共産党の庁舎前、しかも殺傷能力の高い爆弾が使われたことから明確な意思を伴うテロ事件と言って間違いない気がします。しかもその矛先は確実に中国共産党へと向けられています。誰がどのような意図で起こしたのかは今後の捜査を待たないといけませんが、中国共産党が事態の鎮静を図るために犯人をでっちあげる可能性は全くないとは言えず、仮にそうなれば真犯人はどう動くのかと予測の幅は尽きません。
 それでも私から一言だけ言わせてもらうと、他人を一方的に傷つけるこのようなテロ事件はどのような理由があっても許されるものではありません。中国の公安には是非とも犯人をでっちあげるのではなく真犯人をきちんと捜査して捕まえてもらいたいのもです。

2 件のコメント:

  1. 今回はウイグル人によるテロ行為ではない模様ですね。
    この事件発生の背景に非常に疑いを持っていますわ。そんなに簡単じゃない気がします。

    返信削除
  2.  あまり言われていないがこの事件で興味深かったのは、中国当局が「騒ぎすぎないように」と公式発表を出していた点だ。天安門の事件の時は「これはウイグル族に違いない」とむしろ世論を煽っていたのと対照的だったのが印象に残ったが、ただ単に三中全会の直前だっただけかもしれない。

    返信削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。