2013年12月26日木曜日

色々な社会ニュース雑感

 今晩は忙しいのといろいろ書きたい話題が細かく散らばっているので、それぞれ個別に雑感を書いていきます。

 まず本日、安倍首相が靖国神社に参拝した件についてです。靖国問題についてはこれまでの記事で議論すべきことも自分のいいたいことも全部書ききった感があるのでスルーしますが、周辺国の反応について書くと韓国はまたあれこれ言ってくるでしょうが、中国に関してはもうそれほど大きな問題にならないかと思います。私の実感ですが中国人としてももう靖国神社に関しては「どうでもいいよ」っていう感覚を持っているように思え、中国政府も形だけの批判をして深くは追及してこないと思います。深く追及して困るのはかえって中国政府だし。
 ただタイミングがいいというか、明日から北京に行ってくる予定が入ってたりします。折角だから天安門前で「アイムフリーダム!」って叫ぼうかなと考えているのですが、靖国問題とは全く関係ないですね。でもこれ叫んだらきっと捕まるんだろうなぁ、自由であることを主張して捕まるというのもなんかいろいろあれですが。

 次の話題に移りますが、ここ数日のプレスリリースを見ていてちょっと目を引いたものがありました。

ジャックス、業界初の「入居者の自殺・孤独死保険」付き家賃保証システムを取扱い開始(PDF)

 ジャックスカードのジャックスが何でも、賃貸オーナー向けに入居者が自殺したり孤独死した際の損害や原状回復費用を保証する保険を始めるそうです。別にジャックスを批判するつもりは全くなく、むしろ世の中で確かに需要がありそうなサービスを始めたのでなかなか目の付け所があると感心するくらいなのですが、逆を言えばこういうサービスが出るほど日本は自殺や孤独死が増えていると言えるのでなんだか複雑な気分になります。
 ぶっちゃけ、うちの親戚でもこれやらかした人がいるんですがね。社会が病んでいるという定義はいくらでもありますが、果たして日本社会はどの程度病んでいるのか、そしてそれを日本人がどの程度認識しているのかということについては考えが尽きません。

 ちなみに上海で働いていた時、上海の地下鉄に痴漢が現れたというニュースがありました。このニュースを見て同僚は、「痴漢が出るってことは、中国の社会も病んできたのかな」と言ってましたが、「それ言ったら日本はずっと病んでるってことになりますよ」って言って二人で大笑いしてました。でも冷静に考えると、痴漢が電車の中に存在することを誰もが当たり前と思っているんだから病み具合としてみたら結構根深いかもしれません。

“全裸にリュック”の中学教師…あきれた供述とは?(テレビ朝日)

 痴漢ネタで思い出したけど昨日またすごいレベルの変態が現れたこのニュースに注目してました。報道見て知ってる人も多いでしょうが、中学校の教師が全裸にリュックを背負い、スニーカーを履いて悠々と歩いているところ捕まったというニュースですが、捕まった際の言い訳が「酔いを醒ますためだった」と話してて、「全裸で歩けば酔いが覚めるの?っていうかお前いつもそうやって酔い覚ましてるの?」なんて質問が振りたくなってくる香ばしさです。
 更にこれ見てまた思い出したことですが、SAMPの草彅強氏が以前にこれまた酔っぱらって全裸で捕まった際、「裸になって何が悪い!」と言い切りましたが、このセリフを聞くたびに、「言われてみると何故人は服を着るのだろうか?」などと妙に哲学的に考え込んでしまいます。こんなこと考える当たり自分も病んでるのかもしれません。

2 件のコメント:

  1. キミも全裸にしてBrazilサンバを踊ったら如何でしょうか?

    返信削除
    返信
    1.  うん、そんな事したら逮捕されるだろうけどいろんな悩みがぶっ飛びそうだね。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。