2016年7月9日土曜日

石田純一の都知事選立候補について

 扇風機買うと冬場使わずにスペース取るのと、これまで二年以上同じ場所に住まず引っ越しを繰り返す生活を続けているので冷房をガンガン使っているのですが、かつてお金がなく電気代をケチるために冷房を全く使わなかった(客が来たときだけ)学生時代を思い出してはいい身分になったもんだと思います。なおどうでもいいですが、私が学生時代に使っていた下宿アパートはこの前言ったらなくなっていました。

 話は本題に入りますが既に各所でも報じられている通りにタレントの石田純一氏がこの度、舛添前都知事の辞職に伴う都知事選挙に立候補すると宣言しました。しかしこの立候補宣言ははっきり言って非常に胡散臭い物で、本人曰く「グレー」な立候補であり、野党四党の推薦を受けることが条件で受けられなければ出馬しないとのことです。その上で石田氏は野党が統一候補を出す意義を主張するとともに、憲法改正も議論するとほざいています。なお、野党からはそもそも出馬の打診自体無く現時点も公認するとの連絡はないそうです。

 ほかのメディアでも書かれていますが、「何様だ?」というのが私の正直な感想です。行動や発言を見ている限りで後は売名や攪乱を狙った行為ではないとは思います。しかし、だからこそなお手に負えない。

 あくまで私の見た印象で述べると、恐らくは妙な使命感なり義務感なりでこの出馬発表を石田氏は行ったのではないかと見えます。彼の本心としては自分でなくてもいいから野党に統一候補推薦を促すということ、それにより安倍政権の憲法改正を阻止する動きへの一石になろうとしたのではないかと思いますが、どこをどう切り取ってみても思い上がりが甚だしいでしょう。
 今回の石田氏の出馬宣言の要旨を取ると、「野党は自分を推薦しろ、だったら出馬してやる」という風に聞こえかねず、っていうか実際そういっているのですがこれまで本格的な政治活動もしていない人間が突然こんなことを言うなんてやはりおかしい以外の何物でもありません。統一候補を促すだけであればわざわざ出馬宣言などする必要など全くなく、私人として、一芸能人として普通に発言して促せばいいだけで、熱に浮かされたのか知りませんが出馬せずにはいられないほど無用な使命感を感じちゃったのでしょう。

 また都知事になって何をするのかという政策案については憲法改正に反対するという、そもそも都知事の仕事ではない国政議論を亥の一番に言い出し、だったら都知事選ではなく参院選とかに出りゃいいじゃねぇかと記者会見で誰もツッコまなかったのかという点でこちらは日本のマスコミに疑問を覚えます。実際、他に何をするのかなどと行政関連の質問を飛ばされた際にはしどろもどろだったそうですし。

 私は以前に「やる気のある無能」を書きましたがこれを読んだ知人はみんな、「こういう奴っているよね……」ってやたら真面目な顔して感想を漏らしますが、今回の石田氏の行動はまさにこれじゃないかという気がします。本人が不必要なまでの使命感を感じてしまったがゆえに本人を含め誰も得しない結果を招いており、政治参加は確かに個人の自由ではあるもののニュースを見る側からすればくだらないこと言い出しやがってという具合に無用な苛立ちしか覚えないほどのお粗末さです。強いて教訓として述べられることとしては、こういう人間はいちいち相手をしてはいけないということを再認識出来るっていうことくらいでしょう。

 ついでに自民党都知事選候補について述べると、小池百合子氏の出馬について手続きがどうとか言っていますが単純に石原伸晃氏が小池氏を嫌っている、もといその後ろにいる人物が反対しているだけというのが実態だと思います。そういう意味だと私としては小池氏を応援したいなというのが本音です。

2 件のコメント:

  1. 片倉(焼くとタイプ)2016年7月10日 9:21

    もし石田純一が選挙事務所を開設したら、士気を高めるための張り紙に「風林火山」と書くの
    かどうかが気になります。彼の場合「不倫火山」のほうがふさわしいと思うので。
    仮に当選した場合、政治資金で靴下の代金を計上しているかを調べられるでしょう。

    自民党は、増田寛也前岩手県知事・総務大臣を擁立していますが、彼が知事時代に岩手県
    の借金を大幅に増やしたとして批判されています。そのうち岩手競馬場,岩手県立大学
    は彼が当選した時点で既に建設中、開学が決定しており、100%彼に責任があるとまで
    は言えないのです。 もっともその後岩手競馬存続のために財政調整基金を取り崩し
    てます。 これは県内沿岸市長村長から、「津波被害の復旧に回すお金がなくなるから
    考え直してほしい」と批判されています。 沿岸市長村長の危惧は不幸な事に現実の
    ものとなるのですが。

    返信削除
    返信
    1.  石田氏はあの会見でどうせならベッキーとか宮崎元議員を引用して不倫ネタを話していれば見直したのですが、まぁカスもいい所でよくもむざむざ死なずにこれまで生き残ってきたものだなと呆れるか意見でした。

       増田前岩手知事についてはまだ余り調べてはいませんが、その実績や能力を評価する報道が何もないという点で現時点で疑問符をつけていましたが、おっしゃられている内容が事実だとするとやっぱり怪しい人物で、そんな人物をわざわざ引っ張ってくる自民党都議連もよほど人材がいないのか小池氏への反感があるのかお察しです。恐らく何もスキャンダルが出なければ自民党本部も小池氏を推し、小池氏が当選するのではないかと見ています。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。