2012年1月27日金曜日

ヒーローの活躍できる都市

 ここだけの話ですが、実は私は映画の「スパイダーマン」が大好きで、一番好きな2なんかもう五回は確実に見ています。今度キャスティングを一新したスパイダーマンが公開されるようですが、個人的にトビー・マグワイアが気に入ってただけに少し残念です。多分見るけど。
 そんなスパイダーマンですが、彼の見せ場はなんといってもニューヨークの摩天楼を飛び回るシーンで間違いなく、あの場所あってのスパイダーマンと言っても過言ではありません。それでこの前ふと思ったのですが、「香港ならスパイダーマンも活躍できるかも」と、同じくビル群が林立する香港ではどうだろうかと妙な想像をしました。

 香港もニューヨーク同様に高層ビルが隙間なく立っており、恐らくあの場所ならスパイダーマンの特性を生かして十二分な活躍が期待できます。ただこれが東京となると、意外に東京はビルがびっしり立っている地域は少なく、ど真ん中には皇居というだだっ広い平地が広がっているため空中を飛び回って移動することは叶わないでしょう。交差点を全力疾走するスパイダーマンではちょっと見ていて楽しくありません。
 では同じアメコミヒーローの、今度三作目が公開されるバットマンは東京だったらどうでしょうか。彼だったらその土地に影響されることなく活躍が期待できますが、そもそもアメコミヒーローが巣鴨とか板橋をうろついてたりしたら明らかに浮きますし、秋葉原だったらコスプレイヤーで片づけられます。そういう意味では、仮面ライダーとかはまだ日本の風土に合ったヒーローと呼べるかもしれません。

 ただそんな仮面ライダーも、北京市では日本みたいな活躍は期待できないでしょう。というのも北京市では交通渋滞が激しいために基本的にバイクの乗用は認められておらず、ライダーなのにバイクがないという笑えない事態に陥る可能性があります。さらに無理して乗ったりすると、中国はリアルに暴走族が一人もいないくらいに治安警備が厳しいところなので出撃の度にパトカーに追いかけられることになるでしょう。それ以前に、中国で仮面ライダーとなると怪人はやっぱり「毒餃子男」とかになるんだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。