2015年3月30日月曜日

「KINGSOFTオフィス」の感想

嫌われ者の俺が海外修学旅行のリーダーになったらクラスがほぼ全滅したwww(アルファルファモザイク)

 本題とは全く関係ありませんが、上記のまとめ掲示板を読んで強い違和感を感じたのでその点を突いておこうと思います。上記の掲示板の中身は修学旅行で行った中国でクラスが様々なトラブルに遭い、その中には現地の中国人とも買い物でもめて警察沙汰になったと書かれてあります。ただそのトラブルの中で、「店員から『他殺』『自殺」』書かれた紙を渡されクラスメイトが切れる」ということがあったと書かれていますが、中国語における「自殺」と「他殺」という言葉は日本語と同じ意味なので少なくともケンカした相手に紙で書いて渡すなどということはまず有り得ないように思えます。
 単純に「死ね!」という意味の中国語なら「去死」ですし、第一いくら相手が中国語通じないからって中国人はそんなのお構いなしに延々と中国語でまくしたててくると経験上思えますし、そのほかの体験談もちょいちょい違和感を覚えるのでこの掲示板を立てた人は相当話を盛っているのではないかと強く疑問に覚えます。

 そんな個人的所感は置いといて本題に入りますが、昨日の記事で私は新規に購入したエプソンのノートPC「Endeavor NY2400S」についてレビューを書きました。このパソコンは会社での仕事用に購入したもので、仕事に使うのであればもちろんWordやExcelといったOfficeのソフトも必要です。しかしOfficeソフトを購入するとなると2万円は料金が上乗せされるため、なるべくなら避けたいと考えていました。そこで代替策はないかとあれこれ練った所、行き当たったのが下記のソフトでした。

「KINGSOFTオフィス」紹介ページ

 言うまでもなくMicrosoft社のOfficeは業務用ソフトとして一種インフラのような役割を果たしており、電子データ上で各種の書類や計算表などを使う場合はほぼ必須とも言えるソフトです。そんなOffice系ソフトに対して世の中には「Office互換ソフト」というものがあり、Office系のソフトを通常通りに開いて閲覧、編集できるソフトを一部のメーカーが製作、販売しております。このキングソフトオフィスもその一つで、聞くところによれば日本産のOffice互換ソフトとしてそこそこの知名度とシェアを持っているそうです。

 それでこのキングソフトオフィスはどんなソフトかですが、言ってしまえば安い値段でMicrosoftのOffice系ソフトが使えるようになれるソフトです。収録しているのはWordとExcel、Power pointの互換ソフトで、購入するバージョンによってマクロが使えるか否か、パワポ互換ソフトが入っているか否かが変わってきますがすべてコミコミにしても6,480円(税込)なのでOfficeの代金と比べるとかなり割安です。ちなみに私が購入したのはこの最上級グレードですが、パワポを使わずマクロも使えないという人が個人用PCに買うのであれば一番安いグレードの3,980円のバージョンでも十分かと思われます。
 一にも二にも安さ、といったらちょっと言いすぎかもしれませんが、正直に言ってこの値段設定は非常にありがたいものがありました。購入前は実際に使えるかどうかがわからなかったものの、この値段であれば駄目なら駄目であきらめ切れるだろうと考えられたのも購入を決断する要因になっています。さすがに一万円越して駄目だったらハートに来る。

 そんなこんだでオンラインの決済で購入したところ、まさに決済したすぐ直後にソフトを使うためのプロダクトコードがメールで送られてきました。このキングソフトオフィスはいつでもホームページからソフトをダウンロードすることが出来、インストール前にプロダクトコードを入力することで使用できるようになるため、このようにすぐコードを送ってもらると購入して即日使えるのでなかなか便利です。
 というわけで今度はソフトをダウンロードしようとサイトのダウンロードボタンを押しましたが、Officeの互換ソフトだから容量はそこそこ行くだろうな、ダウンロード時間長いだろうななんて予想していたところ、ダウンロード量はわずか110メガだったので実際にはあっという間のダウンロードでした。でもってインストールもあっという間で、「やべぇOfficeが急に使えなくなった!」みたいな展開になっても、多分一時間以内にこのキングソフトオフィスを代替として使うことも不可能じゃない気がします。

 では実際の使用はどうか。結論から言うと非常によく出来ており、全く違和感なく従来のOffice系ソフトのようにして編集作業を行うことが出来ます。もちろん以前に保存したOffice系ファイルも問題なく開けますし、逆にキングソフトオフィスで編集したデータを他人に送りつけても向こうは向こうでちゃんとOffice系ファイルとして認識して業務上に全く支障がありません。
 まだマクロに関してはそんなに弄ってはいませんが、Excelでの自動計算や数式もきちんと機能しており、ちょっと持ち上げ過ぎな気もしますがこの値段でこの性能は破格といってもよく、もう少し高い値段を払ってやっても良かったなとすら思える出来です。さらに買ったばかりのためまだ私は未体験ですが今後もアップグレードがあれば無料で対応してくれるとのことで、これは大手を振ってほかの人にも勧められるソフトだと思えるだけにこのブログでも紹介しようと思う充実ぶりです。

 総評として、非常に買いなソフトです。操作インターフェースも現在のOffice2013に合わせた画面とそれ以前の2010くらいの画面、二種類を自由に選ぶことが出来て、いまいち新しいOfficeになれない方にとってもかえって使いやすい仕様になっています。今後も新しいPCを買うことがあればこのソフトを使い続けようと思える逸品なので、Officeの購入で迷われている方はぜひ試してみてください(無料体験版もあり)。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。