2008年5月28日水曜日

ゲーム会社栄枯盛衰、主にテクモ

 以前友人らと休みの間にどんなゲームをやるかという話で盛り上がった際に、ある友人が、
「俺、自由度の高いゲームをしたいんだよね」
「自由度高いってんなら、昔の「くにおくん」でもやれば。それにしても、あのゲームは自由度高かったよな」
 と、いう話になり、そのまま昔のゲーム談義になりました。

 ちょうど私達の年代は家庭用ゲーム機が発達した時代でもあり、また凋落し始めた時代でもありました。90年代は各産業において不況が続いた時代でありながらゲーム業界だけは成長をし続けて羽振りがよかったのですが、98年にとうとうピークを迎え、それ以降は少子化が影響したのか現在までずっと下降線を辿っております。ちなみに、98年は「ファイナルファンタジー8」が発売した年で、奇しくもこのシリーズでも8がピークとなり、以降は売り上げが落ちていっています。

 それこそ、ファミコンからスーパーファミコン、そしてプレイステーションくらいまでは初期投資も少なく、また簡単に作れるということで参入会社がたくさんありましたが、その後段々と採算が取れなくなるとかつては人気シリーズを排出していたゲーム会社ですらどんどん潰れていきました。前述の「くにおくんシリーズ」も販売元のテクノスが潰れ、あんだけ私が小学生時代に運動会やら時代劇で遊び倒したゲームながら、今では記憶する者も少なくなっています。

 この「くにおくん」のように完全にシリーズが途絶えたものもありますが、中には会社は潰れたものの版権を別会社が引き継ぎ、続編が出されるということもありました。最近の例だと今度最新作が出る「ヘラクレスの栄光」を作っていたデータイーストの例があります。何気に、この会社のゲームは昔からよくやっており、「ヘラクレスの栄光」はもとより格闘ゲームの「水滸演武」なんて何時間遊んだんだろう。この会社は結構面白いゲームを作っていたのですが、末期になるとにっちもさっちも行かなくて、なんでもしいたけを栽培して売っていたというくらい切羽詰っていたらしいです。ゲーム会社がしいたけ作ってもなぁ。

 同じように版権が引き継がれる例だと、90年代中盤においてゲームの王様であった格闘ゲーム業界で、カプコンと雌雄を争ったSNKもあります。ここは「キングオブファイターシリーズ」、いわゆるKOFで一時代を築いたものの、格闘ゲームブームが去るとともに一気に経営が傾き、会社を買収したアルゼに版権も移りましたが、よくはわからないのですがなんかまたクーデターを起こして、版権を奪い返したとかなんたらとか。まぁ奪い返したところで、昔の威光に頼ってても先は暗いんじゃないかな。

 このSNKとは逆に、格闘ゲームブームが去っても命脈を保ったのは今も言ったカプコンです。ここは格闘ゲームのブームが終わる頃には結構経営状態が悪かったらしいのですが、乾坤一擲の思いで2Dゲームから3Dゲームへの転換をはかり、そうして生み出された「バイオハザードシリーズ」にて復活しました。ちなみに、カプコンと聞いて私達の年代は恐らく「ストリートファイターⅡ」か、「ロックマン」が出てくると思います。

 このカプコンに限らず、ファミコン時代から生き残ったゲーム会社というのは時代々々でうまくゲーム分野の転換を図っています。特に、私が肩入れしているのはテクモです。
 このテクモという会社には本当に小さい頃からお世話になっていると自負できます。それこそ、最初のゲーム「キャプテン翼」なんてシャレにならないくらい遊び倒しています。「キャプテン翼Ⅴ」に至っては、あえて敵のドリブルを石崎君の「顔面ブロック」で止めたりしてました。
 この会社もカプコン同様、プレイステーションなど当時に次世代機といわれたハードが出始めた頃に3Dへとうまく転換が図れ、現在では世界中で評価される3D格闘ゲーム「デッドオアアライブシリーズ」(ちなみに私はあやね使い)を筆頭に、和風ホラーの代表作である「零シリーズ」、あとトラップで敵を倒すという一風変わったシステムがよかった「影牢シリーズ」を出しました。私はこれらの大体は遊んでますね。

 ついでに書くと、最初のあの「キャプテン翼」は原作もそうですけどゲーム内容も相当ぶっ飛んでおり、私なんてⅣで試合開始と共にセンターサークルからストラットにメガロゾーンシュートを打たせたら、GKを含めてブロックに来た選手四人をふっとばし、挙句にゴールネットも突き破りました。もはや少林サッカーだろこれ。
 V以降はやってないのですが、どうもこのゲームのDNAはテクモに残っていたのか、以前にみたゲームのレビューによると、「レッドカード」という、あからさまに何かやってくれそうなタイトルでまたサッカーゲームを出していたそうです。パッケージ裏のキャッチコピーからして、「神の手を超えろ」と、ここまでくるとまともなサッカーゲームはもう期待できません。事実、サッカーゲームの癖に各選手には必殺技ゲージがあり、たまると相手選手にソバットを食らわせたりできるそうです。よく、こんな会社が生き残ったなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。