2011年3月25日金曜日

原発について

 もう新規投稿ページを開いて30分くらい経ちますが、何から書いていいのか未だによくわかりません。今朝家を出た際にはなにか社会学ネタでもと考えていましたが、昨日起こった被爆のニュースの続報を聞くにつけいろいろな思いがこみ上げてきました。
 以前の陽月秘話時代に私は東海村で起きたJCO臨界事故を取り上げましたが、私はそれでも原発容認派の立場を崩さずに来ました。しかし今回の一連の福島の事故といい、今回のずさん極まりない対応といい、やはり核は人が扱うべき技術ではなかったと完全に改めるに至りました。日本のエネルギー政策とかそういうレベルの話ではなく、本当に最低限の対応すらできない技術を何故扱うのか、やはり日本は手を出すべきではなかったのかもしれません。

 ちょっと前まで原発建設の受注を韓国に取られたとかあれこれ騒いでいましたが、今となっては空しい騒ぎでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。