2011年3月24日木曜日

Opera、中国製パソコン、日本語入力と中国語入力

 以前からも何度も書いておりますが、私はブラウザにはOperaというソフトを使用しております。このソフトの何がいいのかって言えば比較的表示速度が高いということと、マウスを右や左に動かすだけでページを閉じたり開いたりできるマウスジェスチャーという機能があるゆえです。さらには今じゃ一般化したタブブラウザもOperaが元々始めたもので、導入当初から使っている身としてはやはり贔屓にしたくなるものです。
 しかし、なんていうかこのOperaはバージョンが9.XXの頃は何も文句がなかったのですが10.XXになってからは何かと不安定になって使い勝手がどんどん悪くなってきており、今は11.02ですがどうしてこういうところを直してくれないんだろうかと思うくらい欠点ばかり目に付きます。特に我慢ならないのは、こういうブログの入力画面で表示が遅れることです。

 現在この記事はIEで書いているのですが、Operaで書くと最初はともかく記入欄に文字数が増えてくると何故か打ってく文字の表示がどんどん遅くなり、仕舞いにはカーソルの移動すらもままならなくなってきます。そのためできることならリンクとか挿入しながら書いていきたいのですが、あまりにも遅いもんだから去年なんかはWordで文章を打ってからペーストして投稿するというスタイルで一時期やっていました。
 ただこれはOpera単体の問題というよりはパソコンやブログ、OSとの相性とかももしかしたらあるのかもしれません。というのも日本から持ってきたXPのパソコンではこのような問題はなく、通常通りに記事の入力ができていました。ただこうしてIEで入力する分には全く問題がないことと、ネットで検索すると同じような問題に頭を抱えている人がいることを考えるとやっぱりOperaが悪いような気がしたりします。

 仮に前使っていたパソコンをそのまま使用できていたらこのような問題に悩むことはなかったのですが、散々このブログでも愚痴っているように先月に突然そのパソコンは故障してしまって、現在ではこちらで調達した中国仕様のパソコンを使っております。中国製のパソコンと言ってもある意味水平分業が最も進んでいる商品であるパソコンのため中の部品から規格までほとんど日本仕様と変わりはないのですが、ある一点において大きな違いがあります。もったいぶらずに話すとその違いとは「全角/半角キー」と「カタカナ/ひらがなキー」がないということです。そのほか細かい記号(@の位置など)のキーの位置が異なっておりますが、中国仕様パソコンは日本語入力をするにあたって「全角/半角キー」がないというのは非常に手間です。
 当初はそれこそ右下にある言語バーをマウスでいちいちクリックして全角と半角を切り替えておりましたが、どうにかキーボード上で切り替えることができないかと検索をかけたところ、なんと「Altキー」と「全角/半角キー」の位置にあるキー(中国使用のパソコンなら「~/、キー」)を同時に押すことで切り替えられることを知ってからはだいぶ解消されました。細かいことですが、細かい性格しているだけに非常に気になる問題でしたので。

 あとキーボードについてもうひとつ話をすると、中国で仕事をしているという関係でメールも日本語で書くこともあれば中国語で書くこともあって、非常に切り替える回数が多くて時たま混乱したりします。当初はWindowsに入っているピンイン入力システムを利用していましたがはっきり言ってこれほど使い辛い入力システムはほかにないといいたいくらいに使い勝手が悪く、なんか方々で好評なのでGoogleの作ったピンイン入力システムこと「谷歌拼音輸入」を導入してみたところ、これがまた文字変換や候補が的確で使いやすく、もはやこれ以外で中国語は入力する気にならないくらいに愛用しております。今度Googleの日本語入力システムも試してみようかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。