2016年8月5日金曜日

安倍首相の内閣改造の陣容を見て

 余り気分が乗らないのでパパッと書ける政治ネタですが、先日安倍首相は内閣を改造して第三次安倍第二次内閣とかいうなんだか聞いててよくわからない名称の陣容が発足しました。注目された人事としては予想通りに岸田外相は留任した一方で彼と安倍首相の後継を巡って争う姿勢の石破氏が抜けることとなりました。まぁ石破氏が前についていた地方創生担当相はいまいち仕事内容がわからなければ一億総活躍相と完全に被っている部分もあり、事実上飼い殺しにされていた状態なのでここで抜けたという判断は間違ってないでしょう。
 ただ石破氏には悪いのですが私から見て能力的に首相の職は向いているとは思えず、むしろ農業や防衛分野などへの専門性を高めて行く方が身の丈に合っているのではないかと思います。そもそも幹事長や官房長官も向いているとは思えないし、本人も多少自覚している節はあるもののやっぱり首相への野心が捨てきれないようです。少しは理解できますが。

 その今出た官房長官についてですが、実質的に安倍政権の沖積となっている菅官房長官が留任となりました。菅官房長官の能力と実績については国民の誰もが評価していることからたまに一部メディアで、「次期首相の可能性も」なんていう言葉が出てきますが、結論から言うとこれは絶対にありえないシナリオだと断言できます。何故かと言うと、菅官房長官には家柄がないからです。
 みんな表立って口にしませんが現在の自民党で総裁になるには見えざる条件が一つあり、具体的に言うと二世政治家でなければ絶対に総裁には選ばれません。かつて官房長官を務めた野中広務氏は誰もがその政治的実力を認めながらも麻生現財務相が当時、「部落出身だから総理にはできない」と反対しており、現にこの20年くらいは二世政治家以外で総裁に就任した人物は皆無ですし、前よりもこの概念が強まっているようにも見えます。まぁそれでまともな人間が選ばれるのなら私は気にしませんが。

 あと今回のもう一つの目玉人事として丸川珠代氏が五輪相に選ばれましたが、この人事をみんなどう見たのかなとちょっと私は気になりました。恐らく単純に丸川氏が安倍首相に気に入られた、眼鏡に叶ったなどと考える人が大半だと思いますが、私はこれとは異なり、「絶対これ野田聖子への当て付けだろうな」と見ています。
 野田聖子についてはもう深くは語りませんが、彼女より当選回数も議員在籍年数も低い丸川氏をわざわざ大臣に選出し女性大臣の数合わせに使ったというのは、野田氏を過去の人間にしてしまおうという安倍首相の意思が感じられました。恐らく原因は前回の自民党総裁選に出馬しようと動いたことからで、あまり報道もされないし態度にも出していませんが安倍首相も内心では腹立っていたのかなと今回の人事を見て感じました。もちろんこれは根拠のない私の憶測に過ぎませんが、ほかの高市氏や稲田氏は、確実に要職をステップアップしてるのを見るとますますそう思えてきます。

 そういえば、小渕優子も入ってないな。やはり爆弾抱えていると思い避けたんでしょう。

4 件のコメント:

  1. 片倉(焼くとタイプ)2016年8月6日 18:28

    ワイドショーの受け売りですが、小池氏ばかりが注目される状況を阻止したいために丸川氏を起用
    したとも考えられます。 もし都民にとって知名度の低い人を五輪相にした場合、五輪相と
    小池氏との会談でも、メディアの注目は小池氏にばかり集まります。下手に偉そうな男性だった
    場合は、(悪役である)都議会自民党のお偉方と同一視されてしまいます。

    その点同じ女性でメディア出身・都民の知名度の高い丸川氏が五輪相になれば、丸川氏にも
    メディアの注目が集まるという思惑があったのかもしれません。

    返信削除
    返信
    1.  なるほど、確かにその見方も当てはまりますね。ただ丸川氏だと脇あまそうだし、メディア対策下手そうだから吉と出るか凶と出るか。

      削除
  2. 本当のこと言えば誰が大臣やってもあんまり変わらないように私には思えるのですが、これが日本の安定感なのかもしれません。

    そういえば話は変わりますが、上海で日本人が「スパイ容疑」で拘束された話、詳しい話が中々出てきませんね。報道規制されてるのか。

    返信削除
    返信
    1.  実に素直な感想に聞こえますが、恐らく上海熊さんだけでなく他の方々も同じ感想だと思うし、それが事実だと私も思います。以前と比べて明らかに議員らは小粒化しており、誰が鳴った所でおっしゃる通り変わりがないなと自分も悔しく見ています。
       例のスパイ容疑の件ですが、確かに続報ないですね。外務省同士で連絡取り合って大事にしないようにしているか、はたまた大事過ぎて報じるには双方リスクが高すぎるかのどっちかでしょう。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。