2017年1月10日火曜日

記者になるための条件

 たまには世の中に役に立つ情報でもと思いマスコミ志望者、特に記者志望の人たちになるためにはどんな条件が必要かどうかを伝授しようと思います。結論から述べると、字が汚いというのも一つの大きな条件です。

 真面目な話、記者が書く字は例外なく汚いです。誰かに読んでもらおうという意識なんて全くなく、中には漢字なのかアルファベットなのかすら区別つかないようなすごい字を書く人もおり、私が見てきた記者業の方々は例外なく悪筆の持ち主でした。これは男女に限らず、実際に私の同僚だった女性の記者は物凄い字が汚くて、あんだけ字が汚い女性は後にも先にも見たことありません。

 そういう環境にいたもんだからかつて高校時代に習字でクラス最低評価を取ったことがありながら、「編集部内で一番字が綺麗なのは俺だろう」と私は本気で信じてましたし、今でも間違っていなかったと思っています。私もそんな自慢できるほど字が綺麗、っていうか露骨に汚い方ですが、それでもあの連中に比べればまだ読める字を書ける人間でした。

 すこし真剣な話に変えると、字が綺麗というか丁寧に書く人は確かに記者は向いていない気がします。基本的に記者を含めたマスコミ業界は頭脳とかよりも体力で決まる所が多く、それも意味なく急いで仕事をぱっぱ片づける様な人材が向いていると思えるだけに、汚かろうと急いでメモ取るようなそういうタイプの方が絶対的に合っています。なので記者志望であるものの字が綺麗な方については、悪いことは言わないからもっと別の業界に目を向けた方がいいと本気でお勧めします。

 なお今現在はみんなパソコンで記事を書きますが、インタビュー時とか校正時にはやはり手書きが物を言います。インタビューの際はほんとに相手の話を聞きながら必要事項を的確にメモ取らなきゃならないのでたまに自分で書いておきながら判読に時間食うことすらあるのですが、この際に地味にお勧めなのは三色ボールペンで、重要だと思う箇所には色を変えて書くなどすると見返す時に効果を発揮します。
 私も三色ボールペンをよく使ってましたが、黒ボールペンだけで済ますことも少なくありませんでした。で、結構な頻度で物凄い量のメモを取るからすぐにボールペンのインクが切れてしまうのですが、個人的な意見を述べると三菱鉛筆のボールペンは性能が良すぎて駄目でした。というのもインクの出もよくなめらかなのですが、メモ取る際は基本走り書きになるため、なめらか過ぎると書いててブレーキが効かず、読み辛い文字が余計読み辛くなる傾向があるからです。いろいろ試した結果、程よくブレーキが効いてくれるため私は最終的にパイロットのボールペンにたどり着いて今でもこのメーカーのペンを愛用しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。