2014年10月22日水曜日

道徳科目の正式教科化方針について

 
 今日辺り二週間前に思いついた就職活動における交通費優遇案について書こうと思っていましたが久々に家でご飯炊いてカレーとおにぎりで一気に二合ぐらい食べたらちょっとボーっとしてきたので、やっぱり気軽に書ける時事ものにします。時事ものを気軽に書くというのもなんだけれど。
 ってわけでサクサク本題に入りますが、上記リンクは今日出ていたニュースなのですが「道徳」を小中学校で正式科目に昇格させる方針を中央教育審議会が出したそうです。結論から述べると基本的に私もこの方針に賛成ですが、やるなら思い切りやった方が良いと思います。
 
 道徳を正式科目に引き上げる背景としては現在の形態ではやっぱりサブ的な扱いで学校など教育の現場ではそれほど力を入れて授業が行われていないそうです。実際に私が通っていた小学校ではほぼすべてのクラスが土曜日(当時はまだ第二だけ休み)に授業を持っていき、道徳科目の研究を行うよう上から言われたていた学校なのに授業数が少ないと指摘されたと聞いています。こうした授業コマ数的な問題はもとより、教師の裁量によって授業が行われ教科書も自治体によってかなりまちまちであることが問題点として挙げられており、今回出た方針では検定教科書の導入を入れる一方、各地方ごとに郷土資料も活用するという案も提示されています。
 
 あと地味に私が今回の方針で評価した点として、正式科目には挙げるものの数値による成績評価は不適切としている点です。もし仮に道徳で音楽や書道などの科目同様に数値評価となればそれこそ学校による価値観の押し売りとなると共に、教師の恣意的な価値観で内申点が変動することもあって教育にとって非常に良くないものとなる気がします。しかし今回の方針では数値評価は避け指導要録に文章で記録するだけにするべしと書かれてあり、また倫理観などを育てると共に情報モラルも扱っていく方針も出ていて、ちょっと誉め過ぎな気もしますが非常にバランスがよくまともな提案じゃないかと感じます。
 
 何気にこれも今度別に記事で書く予定ですが今の中国ではかつての日本の様に受験競争が非常に激しくなっており、親も学校側も各試験科目の成績アップにしか眼中になく子供のモラルや倫理観について誰も教育しようとしない、昔より悪くなっているなどと言われてはちょっとした社会問題となっております。義務教育の学校で倫理観を育てるというのは考えようによっては国家による思想教育とも取られますが、全くそういった教育が行われていないであろう中国にいて街中や電車の中でやたらと奇声をあげる子供をしょっちゅう見ているだけに、やっぱり多少はこういう独特教育も学校に必要なんだろうなと思っていた矢先だっただけに、このニュースを見てちょっとホッとした気がしました。ってかこっちいるとたまに、本気で奇声上げる子供を殴りたくなるほどイライラします。
 
 話は戻って道徳教育ですが、私が子供だった頃は倫理観や公共意識の重要さが示される有名なエピソード、体験談の話を授業で読み、それらのエピソードについて班ごとに感想をまとめるようなやり方が多かったです。パッと思いつく当たりだと、副島種臣が主役のマリア・ルス号事件なども読んでおり、最近だと元阪神の藤川球児選手の戦力外間近から不動のストッパーに至るまでのエピソードも題材となっているようです。
 
 確かにこうしたエピソードを読むだけでもやらないよりはやった方がよく当たり障りはないのですが、友人にもたびたび注意されるほど極端な方面に私は走りがちで、どうせ正式科目に引き上げるんだったら倫理の限界まで悩み抜いた方が良いのではと個人的に思います。具体的にどうすればいいのかというと、タブーなど普通じゃ議論できないことについて道徳の授業で取り上げて真剣に意見を交換し合うというやり方です。それもなるべく現実世界にベースを置いた内容で。
 それこそ今なんか中学生に議論させてみたら面白そうなテーマがたくさんあって、パッと思いつくのをまた書いてくと以下のようなのがあります。
 
・いい政治を行うために賄賂や裏金を取ることは許されるのか
・会見で大泣きすれば許されるれのか
・大津のいじめ事件の犯人は制裁を受けるべきか
・悪いことしても自殺すれば許してあげるべきか
・すき家のワンオペは容認すべきか
・お金を稼ぐために従業員をこき使うのは許されるのか
・先輩だからといって後輩をしごいてもいいのか
・ナベツネと清武はどっちが悪いのか
 
 適当に考えた内容ですがまさにホットな話題だからこそいま議論すべきだと私は思いますし、中には中学生にはまだ早いと思う人もいるかもしれませんが、議論をするのに早い遅いは関係なく今やるか否かだというのが私の隠れた信条です。でも深刻なテーマについてわからないなりにでも中学生くらいから手を付けた方が良いんじゃないかというのは真面目な意見です。

2 件のコメント:

  1. 日本でも愛国教育を推進したら如何でしょうか?

    返信削除
    返信
    1.  中国ももっと自国の歴史教育をやるべきだって。どうでもいいけど、林彪事件は一応今でも教えてるんだね。

      削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。