2020年3月4日水曜日

「日本肺炎」のデマ騒動について

 今日発売の「チェンソーマン」の6巻がすごく面白かったのに、友人は何故か一切これと「ファイアパンチ」を手に取りません(´;ω;`)ウッ…ちなみに「チェンソーマン」の中国語タイトルは「電鋸人」です。でもって自分の名前の中国語は「花园祐(Huayuan You)」です。
 そんな軽い中国語の勉強をした上で本題です。

“中国が新型コロナ感染症を『日本肺炎』と呼んだ”はデマ。初歩的な読み間違い、大使館も注意喚起(ハフィントンポスト)

 結論から書くと、この文脈で「日本肺炎」とは絶対に読めません。原文はハフィントンポストから引用すると、「目前、日本新型冠状病毒肺炎疫情不断変化、我在日同胞対此高度関注」ですが、後ろに「在日同胞」があることから、「日本の」と読むことは必須です。
 敢えてこの誤訳を日本語で例えるとしたら、「上から読むと山本山、下から読んでもまやともまや」という風に、変にこじつけたようなおかしな読み方という印象を受けます。

 そういう意味でこの一件はまごうことなきデマ、それも相手国に対する感情を無意味に逆撫でする悪質なものであるという風に私は感じます。っていうかこんだけ派手な誤訳していて、最初に書いた奴は日本語センスの面でも大丈夫なのかと本気で心配になります。少なくとも、向いてないのだから中国関係の仕事はすべきじゃないでしょう。

 先日書いたコロナウイルスの中国細菌兵器説といい、やはりこうした大規模な騒動の際は根も葉もないデマが飛び交うものだなぁと改めて思います。恐らく関東大震災の時における朝鮮人虐殺の時の状況も、今の様な状況に置ける要素と当てはまるものがあったのでしょう。
 もっとも、中国細菌兵器説は中国人も一部で信じ切っている連中がおり、友人もやたら何度も私にこの関連ニュースを送り付けてくるから、終いには「ぶっ殺すぞ」と言って黙らせました。本人らは面白がっているようなのですが、私からしたら信じるに足らないデマを垂れ流すことの何が楽しいのかが理解できません。どうせ嘘つくならもっともっともらしい嘘をつけばいいのにと、いうのが私の個人的な見方です。

「新型コロナウイルスは人為的に作られた」という陰謀論に科学者が反論(Gigazine)

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。