2015年12月28日月曜日

大きな差よりも小さな差?

 この前マッドシティ出身の友人と話している最中にふと、「折角だから俺たちでジェダイ騎士団松戸支部作ろう。ライトセーバーは夜店で買ってさ」と言い出したらなんか嫌そうに話聞いてくれました。
 最近書いてないけどマッドシティ関連でカテゴリ作るほど松戸に縁のある私ですが、実際は隣の流山市の出身で松戸には中国来る前に部屋借りて半年ちょっとだけしか住んでいません。ただ、松戸、柏、流山のいわゆる千葉北西部エリアということは共通しており、やはりこのエリアの住人同士なら連帯感はないけどなんとなく同じ出身者という意識はあります。

 実は今日、所用で会ってきた人がたまたま千葉県の出身でした。ただ千葉県と言ってもその人は千葉市出身で、「同じ千葉県でもあまり同郷意識無いよね……」というのがお互いの意見でした。
 というのも先ほど言った千葉北西部エリアは県庁所在地の千葉市よりも東京の方が近く、またベッドタウンであることから住人も基本は他地方から流れてきた東京に通勤するサラリーマンが多い上、千葉県に代々住んでいるという人の方が珍しい地域なため千葉への愛郷心はやや薄かったりします。本人らも、東京の人間だと自認している節ありますし。
 それに対し千葉市、船橋市の千葉中央部ではお膝元っていうこともあり、やっぱりその視線は千葉市に向いているような気がします。ちなみに学区も北西部と中央部では異なっているせいか北西部は東葛高校、中央部では千葉高や船橋高校が名門公立校として分かれていて、やっぱ疎遠さというか世界が違うのではという気がしてなりません。

 ただ今日会ってきたその千葉市出身の人と共通する意見もあり、その意見というのも「木更津は同じ県民だと思っていない」というものでした。どちらもあそこはヤンキーが多くて自分たちとは違う民族だという見解を持っており、同じ千葉県民でもこうも同族意識が持てないものかと言い合えてなかなか楽しく過ごせました。しかも何が面白いかって、お互い中国にいながらこんなどローカル話で盛り上がっているってとこでしょう。

 話は戻りますが同じ県民でも同族なり同郷なりの意識が少ないというのは案外ほかの都道府県でも多かれ少なかれあると思います。兵庫県でも尼崎と神戸では世界変わるし、奈良なんて北部と南部で次元が変わります。っていうか奈良南部は本当に日本なのかと思うくらいの秘境もあるし……。
 徳島県や高知県みたいに「踊り」という県民を束ねる強烈なアイデンティティがある所は別でしょうが、案外こういう同じ都道府県内の地域差の方が都道府県同士の地域差より大きい、というより気になることって多いのではという気もしなくはありません。私自身も木更津の人より埼玉や東京、神奈川の人の方が自分に近い認識していると信じてますし、岐阜県や静岡県も県境の地域はやっぱり愛知県寄りになるということも聞きました。

 何が言いたいのかというと、人間って案外大きな差よりも小さな差の方が気にするのではないかと言いたいわけです。また激しく論理の飛躍をしますが同族嫌悪って言葉があるように、思考なり文化なりが大きく異なっている人同士よりも、それらがある程度共通しながら少し差がある人同士の方が案外仲が悪くなる要素があるのではないかと思えたわけです。ちょっとひねった考えで物を述べると、誰かを仲違いさせたい時なんかこうした小さな差を際立たせるような工作した方が上手くいくんじゃないかな。

 ちなみに自分の場合、「こいつ、俺と同じ民族だ」と思ったのはたった一人(大学の後輩)だけなのですが、後年別の友人から、「君とあの子は生き方が不器用な点で似てるよね」と指摘されて、なんでそんなところに共感を覚えるかなと思いつつ自分らしいなとも思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。