2016年3月11日金曜日

ヤバい虫に噛まれた(´;ω;`)

 今日会社でひたすら仕事していたら、何やら首筋に近い部分の背中が急にかゆくなってきました。それも半端ないかゆさなのですが、しばらくするとかゆい部分が段々と移動しており、これはなんかくっついてきたなとすぐピーンと来ました。
 元々私はダニとかに弱く、夏場なんか太腿のあたりが蜂の巣のように(ハニカム構造)噛まれた跡がびっしりと浮き出る体質で、恐らく皮膚がそんなに強くないのだと思いますが、今日の奴は下半身ではなく上半身であるのと、昨日までこのようなかゆさは一切経験していないことから恐らく自宅のベッドや衣類からダニが発生したというよりは、通勤途中の地下鉄か何かで誰かにくっついていた虫が移ってきたのだと思います。多分地方からのおのぼりさんだろうな。

 昼過ぎの時点でやたらかゆくてこれはやばいと思いつつもそのまま仕事していたら、段々と移動してきたその「何か」が左腕に移り、何やらチクッとした痛みすら走って手の平とかもかゆくなってきました。一体何やねんと感じて少し腕をまくった所、左手首の下あたりで皮膚が破れており、っていうかモロに噛まれており、自分の直感が正しかったということが改めてわかりました。
 その後もピリピリと上半身のところどころがかゆかったものの我慢して定時を少し過ぎた頃、また突然後ろ首でピリっと、というよりビリッとした痛みが走り、該当箇所がぷっくりと膨れて血も滲み出してきました。何が辛いかってYシャツに血がついてしまったということで、また血濡れのシャツを一枚作ってしまいました。

 その後自宅に帰宅してシャワー浴びてからは大分かゆみも取れ、念のため来ていた服にもアイロンかけてやったのでもう大丈夫だとは思いますが、我ながらなんかヤバい虫にくっつかれたもんだと思えてきます。
 よくダニは死骸や糞が肌に触れるとアレルギーでかゆくなるだけで噛むことはないという人がいますが、これは明らかに間違いで、実際にはガンガン噛みついて皮膚に穴開けてきます。根絶することは難しいのでむしろ如何にしてダニの量を減らすかという視点に立ち、こまめにベッドやふとん周りの埃を取ったり、ふとん乾燥機やホットカーペット使って布団に熱を与えるというのが一番いいというのが私の経験談です。特にカーペットの応用を編み出してからはめっきり噛まれなくなったし。

 なお本題と関係ありまえせんが今日は自宅近くの料理屋で牛肉ラーメン(9元=約160円)を注文して食べた後、なんか全然お腹が膨れないのでそのまま連続で「牛肉玉ねぎ炒めご飯(12元=約220円)」を注文し、完食して帰ってきました。でもって家の近くで野良猫がうろついていたので、こんなこともあろうかと買っておいた携帯できる猫餌をばらまいたら、私が去った後でフンフンと地面嗅ぎながらパクついていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。