2016年3月10日木曜日

ハゲ議員連盟(日本を明るくする会)について

日本を明るくする会(Wikipedia)

 先日、いつものようにネットで政治ウォッチングをしていたところ、一つ気になる議員連盟があることに気が付きました。その議員連盟というのも上記の「日本を明るくする会」で、一体どういう議員連盟かというと要するにハゲ議員の集まりです。自分で書いててそんな冗談みたいな議員連盟なんてあるのかと思えてきますが、この議員連盟の参加資格は男らしく「頭髪が薄いこと」のただ一つだけで、それ以外何にもありません

 この会の始まりは2012年の衆議院選挙後で、この選挙で初当選を果たした自民党議員5人が情報交換を目的として会合を開いたところたまたまその5人がみんな揃って頭髪が薄かったことから、「たまたまとしない方がインパクトあふれる」としてメンバーが一致団結したそうです。会の趣旨としては議員同士の情報交換はもとより、自分たちの頭のようにともかく日本を明るくしていこうという方針からこういう会名になったそうですが、実態としてはまんまハゲ議員の集まり以外の何物でもありません。
 ただ参加資格が設けられているだけあって誰でも入れるわけではなく、自民党の茂木敏充議員に対して会長の八木哲也議員は委員会の会議上、「残念ながら、一見して茂木議員はメンバーになる資格がございません」と切って捨てています。こう言われるだけあって茂木議員は写真でも見るからにもふさふさです。

 もっともこの参加資格は必ずしも厳格に適用されているわけでもなく応用は効くようで、秋田県出身の冨樫博之議員はハゲてないものの「なまはげ」が秋田の名物であることから入会が認められ、同じように中村裕之議員も地元選挙区の小樽に毛無山があって、天気のいい日には石狩湾越しに増毛が見えるという説明が受け入れられ入会出来たそうです。まるっきりとんちやないけ。

 しかしなんだかんだ言いつつ、参加する議員の人数は増えていき現在は10人にも上るそうです。また会合にはベテランの江藤征士郎議員が来ることもあれば、恐らくこのまま在任日数が福田康夫元総理を抜いて過去最長となるであろう菅義偉官房長官も来たことがあるそうです。けどこんな会に招かれても素直に喜べない気もしますが。

 などとややおちょくった書き方でさっきから紹介しておりますが、こう言いながらも案外この議員連盟は凄まじいポテンシャルを秘めているのではないかと密かに注目しております。というのも自民党議員を中心に構成されているものの、特別な政治思想や出身などではなく身体的特徴だけを共通点にして集まっており、しばしば議員同士の溝を作りかねない派閥や世代、下手すれば政党すらも横断した議員連盟へと発展する可能性が感じられ、仮にそうなれば政治家同士のフラットな議論や政治家個人同士での連携した活動などが期待できるのではないかと思います。しかも、参加してる議員たちは見るからに団結力というか仲間意識が半端なく高そうですし。

 唯一の懸念としてはふさふさの議員らとの間で深刻な溝を作りかねないという点が挙げられますがそれはこの際置いといて、単純にお堅いと見られがちな政治家がハゲをウリにして「日本を明るくする」って主張しているということ一つとっても、なんだか日本の未来が明るくなりそうな気がしてきます。政治家というのは深い政策議論や権力の監視や運用能力が求められることもさることながら、市民に対して未来のヴィジョン、それもなるべく明るいヴィジョンを見せるということも重要な仕事です。そうした視点に立つならばこの「日本を明るくする会」は非常に前向きというか見ていてとてもわかりやすくそのような姿勢を見せており、こうした活動がこれまでの日本の議員に欠けていたのではないかとマジで考えさせられました。それこそこの議員連盟に参加している議員が光臨するって聞くだけでも、なんか見に行きたくなるし。

 ちょっとしつこく繰り返しますが、真面目に私はこの「日本を明るくする会」には期待しており、今後是非とも知名度を上げて日本政治を代表する議員連盟へ発展してもらいたいと考えております。党派や政治信条ではなくちょっとした共通点で政治家同士が集まるということに深い価値があり、またどう見ても根明な集まりであるということも見ていて本当に頼もしい限りです。今年はダブル選挙になりそうなだけに、「日本を明るくする会」の参加議員らには武運を祈ると共に、この記事に共感した方々もどうかお力添えをと願う次第です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。