2016年3月20日日曜日

私的自走車メーカーの分野別技術力ランキング

 半日眠ってだるいので用意していた面倒くさい記事は後回しにして書いてて楽しい記事を書くことにします。っていうか半日寝た後でいうのなんですが、これ書いている現在も眠くてしょうがないです。

 決して詳しいというほどではないしそれほど運転する機会も多くはないのですがよく自動車メーカーの技術について解説すると割と周囲の反応が良いので、今日は私から見た分野別の技術力について日系自動車メーカーのランキングを勝手に書いてこうと思います。前持って書いておきますがあくまでこのランキングは私の目から見たあまり根拠のない意見であって、あまり本気にせず話半分に受け取ってもらえるとありがたいです。

<ガソリンエンジン>
一位、マツダ
二位、トヨタ
三誌、スズキ

 正直な所、トヨタが一位でもいいかなという気がするのですが現在ではスタンダードとなっているアイドリングストップ機能を「スカイアクティブエンジン」で真っ先に導入したのがマツダであることと、全体的にガソリンエンジンの燃費も高い水準を維持していることからマツダに軍配を上げました。
 トヨタはハイブリッドエンジンばかり注目されがちですがノーマルのガソリンエンジンもその性能は高く評価され、昨年に発表したエンジンも燃費能力をグッと引き上げており十分評価に値すると思います。スズキについてはエネチャージに代表されるバッテリーと連動したエンジン技術を考慮して三位に付けました。

<ハイブリッドエンジン>
一位、トヨタ
~越えられない壁~
二位、ホンダ

 これは誰が何と言おうとも評価を変えるつもりはありません。ハイブリッドエンジンにおいては現時点においてもトヨタがダントツの安定性と技術的優位性を維持しており、ハイブリッドとはとても呼べないようなしょうもないエンジンをハイブリッドと言ってのけたホンダは最新のフィットハイブリッドでようやくゼロスタートを導入したものの、発売してすぐ5回のリコール出すなど全く話になりませんでした。かつては「エンジンのホンダ」とも言われたそうですが、ホンダのエンジンの優れたところを挙げろと言われても自分は挙げられる自信がありません。
 なお、スズキが去年出したソリオにハイブリッドエンジンを載せておりますが、こちらに関してはまだ評価レビューを集めてないので今回は見送ります。ハイブリッドというにはそれほど高い燃費能力ではないものの、あのサイズにハイブリッドシステムを乗っけただけでも評価には値する気がしますが。

<ディーゼルエンジン>
一位、マツダ
二位以下、三菱、日産、トヨタ、いすゞ

 これも揺るがないでしょう。VWがペテンなディーゼルエンジンだっただけに、間違いなくマツダが現状で世界ナンバーワンのディーゼルエンジンを作っているといっても過言ではありません。二位以下については一応ディーゼルエンジンを作っているメーカーですが、トラック向けを作るいすゞ以外は正直あまりこの方面の技術開発に熱心というわけではないでしょう。

<自動ブレーキシステム>
一位、スバル
二位、トヨタ
三位、日産

 「アイサイト」で自動ブレーキステムを先んじて導入したスバルこと富士重工がこの分野でナンバーワンだと考えます。国土交通省が行った性能比較テストでも一位が確かレクサス、二位がインフィニティの車種で三位にスバルのインプレッサが来ましたが、一位と二位の車種には値段の高い超高性能な認識装置が搭載されており、一般的な車間距離認識装置(確かレーザー飛ばす)で上位陣に食い込んだスバルは大したものでしょうし、普通のユーザーが使う車種を考えたらこちらに軍配を上げるべきと思いました。

<4WDシステム>
一位、スバル
二位、マツダ
三位、三菱

 この4WDでもスバルの優位は揺るがないというか、雪国の人間からしたらスバル以外有り得ないとよく聞きます。二位のマツダですが、あまり世間では評価されているように見えないものの専門家の間ではスバルの「フルタイム4WD」に勝るとも劣らない「セミタイム4WD」を導入しているとよく聞きます。セミタイム4WDというのは普段は2輪が駆動して必要な時だけ4輪が駆動するというシステムで、常に4輪が駆動するフルタイム4WDと比べるとタイムラグがあって反応が悪いとされますが、マツダのは半端なく自然に4輪駆動へ移行すると言われています。試してみたいんだけど機会がないなぁ。

<ターボチャージャー>
一位、三菱
二位、日産
三位、スバル

 三菱、というよりその親会社の三菱重工が市場で出回っている大半のターボチャージャーユニットを作っているだけからこの結果となりました。あとは実際にターボを導入している車の実績から決めましたが、日産が地味に私が好きなスーパーチャージャーをノートに乗っけてたので二位にして、「ハイパワーターボ+4WD」を未だにコンスタントで出し続けているスバルを三位にしました。
 こう書いておきながらなんですが、スバルは「4WD」とは言わず「AWD」と主張してます。「4WD」のが語呂いいのに。

<アウトデザイン>
一位、マツダ
二位、スズキ
三位、ダイハツ

 これは単純に好みの問題かもしれませんが、このところのデザインで見るとマツダが日系の中で群を抜いていると思います。特に現行のアテンザなんか、上海の新天地で並み居る海外の高級車メーカーの車と並んでいても不自然に見えず、実際中国でも高く評価されていると感じます。
 二位のスズキもハスラーを筆頭に中々挑戦的なデザインで車を出してきており、実際にそのハスラーは車体バランスもさることながらデザインの良さで売れたような気がします。ただ、海外メディアにスクープされた次期スイフトはややアテンザのオマージュっぽい。三位のダイハツは完全に自分の好みで選びました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。