2016年3月15日火曜日

美的による東芝白物家電部門買収について

 マジこのところ繁忙期なせいか忙しくてすごい眠いです(ノД`)~゜。ネムー
 でも律儀にブログ書く当たりは自分らしいです。

東芝、白物家電売却へ=中国・美的と最終調整(時事通信)

 そんなわけで今日取り上げるのは何kな期待されている気もするので東芝白物家電部門の売却話に絡めて、売却先の美的集団(Midea、ミデア)について書きます。どうでもいいですが「ミデア」って検索するとガンダムに出てくるあの黄色い輸送機が出てきますが、スパロボの護衛ステージでしょっちゅう撃墜されるのをなんか思い出しました。

 美的集団というのは記事にも書かれている通り中国の家電メーカーです。中国の家電メーカーというと三洋の白物家電部門を買収したハイアール(海爾)が日本ではやや知名度があるものの、それ以外となると恐らく大半の方がどんなメーカーがあるのか全く知らないのではないかと思います。
 主だったメーカーとしてはテレビだとTCLやスカイワースがありますがこの二社はあんま生活家電には手を出しておらず、生活家電で括るならハイアール、グリー(格力)、ギャランツ(格蘭仕)、スポー(蘇伯爾)、ジョイヤング(九陽)などありますが、こうした数ある有名どころの中国家電メーカーと比べても美的は決して劣っているわけでなく、間違いなく大手の一角に食い込んでいる会社です。美的が得意としている製品はファッキンな毎日新聞の記事に空調と書かれてあって売上げの五割を占めるともありましたが、売上げシェアまではいちいち確認してはいないものの確かに美的の空調は中国国内市場でもそこそこ出荷されているものの、多分シェアといいブランドといいグリーのが明らかに上だと思います。

 では美的の製品はどこが強いのか。あくまで私の感覚で述べるとやっぱり調理に関連した家電じゃないかと思え、具体的には冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器、電熱コンロといったところです。瞬間湯沸かし器もそこそこ出ていますがこの分野はスポーが圧倒的に強いしなぁ。
 冷蔵庫や洗濯機ももちろん作っており私も何度か使ったことありますが、性能品質に関しては申し分なくほかのメーカーより比較的高い価格で売られることが多いですがそれだけの価値はきちんと持っていると太鼓判押せます。何気にデザインとかも落ち着いてまとまっており、物によっては下手な日系メーカー品よりもいいような気すらします。

 それだけに今回東芝の知ら者家電部門を買収したと聞き、買収される当事者たちにはいい会社に買われた方なんじゃないかと私は考えています。このまま市場が縮小していく日本よりもまだ拡大余地のある中国向けに製品とか開発して生産していく方が絶対仕事的にも楽しそうだし。

 眠いのでもう最後まで書いちゃいますが、今回の買収ニュースについて中国側はどう報じているのかサッと検索かけてみたところ、なんかあんま、っていうかほぼ全く報じられていませんでした。いくつかの家電系ニュースサイトが日経新聞を引用する形で報じていますが、もしかしたら明日になってからニュースが出るのかもしれないものの、なんかあんまビッグニュースとしてみていないように感じます。
 今回のディールは一部で数百億円規模になると言われていますが、仮にそうならこのところの中国の大型買収と比べるならそれほど極端に大きな金額というわけではありません。でもって「日本の家電ブランド」もかつてと比べるとそれほど威力を発揮しなくなっており、それゆえに案外冷めた見方されてるのかもしれません。

 もう誰も覚えていないでしょうが4年くらい前に私は何度かこのブログで、「ブランドでも特許でも、日系企業は売れるものは今のうちに中国企業へ売れ」と主張したことがあります。当時ならまだ高額出して買う中国企業もいただろうしブランドなどにも価値があると思ったことと、それらの無形資産は日系企業の手の中ではもう新たな利益を生み出すことなく消え去っていくのみだと考えたからです。
 なにも自分の言った通りになっただろうとか言ってどや顔決めるつもりは全くありませんが、当時私の話に耳を傾けてくれた人はいたのかな、いたとしたら今回の買収話を見てどう感じたのかなと少し気になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。