2008年7月25日金曜日

孫正義氏の功績

 以前に後輩から、こんな風な事を言われました。

「花園さんって、パソコンとかネットに詳しいんですか?」
「まぁ人並み程度だけどね。それがどうしたの?」
「いや、ネットに詳しい人って、孫正義が嫌いな人が多いから、花園さんもそうじゃないかなって思って」

 この後輩の言っていることには一理あります。私の周りでもネットとかパソコンの扱いに慣れている人に限って、むやみやたらにソフトバンクを馬鹿にする人が多いような気がします。しかし一つだけ違っていることは、私自身は孫正義氏を高く評価していることです。好きでも嫌いでもないけど。

 孫正義の経歴はウィキペディアかなんかで見てもらえば分かると思いますが、かなり早い時期、具体的に言うと1980年の段階で現在のようなネットワーク社会の到来を予期していたようです。今の若い人にはピンと来ないかもしれませんが、バブル期には孫氏は旅行代理店HIS、人材派遣会社パソナとともにベンチャー三銃士と呼ばれる若く急成長を行った社長として持て囃されていました。

 私がこの孫氏を高く評価するのは、電電公社の民営化、つまり今のNTTになる際の彼の行動です。このNTTの民営化の際、他の会社による電話業界への新規参入も認められることになったのですがNTT側は当初、地中の電話線の使用はNTTのみにしか利用させないことを主張しました。つまり、電話業界に新規参入する会社は、新たに電話線を埋めて事業をやれと主張していたのですが、これに食いついたのは孫氏でした。
 孫氏は、「電話線は国民の税金を使って作られたものだ。なので新規参入する会社にも使う権利がある」と主張し、結果的には現在のように、どの会社も使う方針に決まりました。

 そしてインターネットの分野においても、キャンペーン期間中はいろいろ問題こそ起こしたものの、ADSL接続を行う「YAHOO BB」がもしなければ、間違いなく日本のネット業界は今より5年は遅れていたでしょう。これもまたNTTなのですが、NTTは次世代ブロードバンドインターネットを、モデムによるローカル接続に変わるものとして非常に中途半端だったISDN回線で推し進めようとしたのですが、これは当時にしても非常に遅い回線でした。そこへ孫氏がADSL回線という非常に高速の回線を赤字覚悟で配りまわり、これによって日本の高速インターネット環境は急激に整備されていきました。
 その分、NTTからは意趣返しとばかりに、当時としては世界的にも異様に導入の早かった、光ケーブルを導入され、ちょっとしょっぱい思いをしましたけど。

 もっともソフトバンクも顧客情報を流出したり、YAHOO BBを強引に配りまわりすぎてトラブルを起こしたりと、必ずしも真っ当な企業ではありません。しかし孫正義氏という人間を評価するなら、非常に大きな影響を日本に与えた人物として、その能力と実績を私は高く評価します。

2 件のコメント:

  1.  「孫正義社長の暗部をえぐる」というソフトバンク社員が書いているサイトをちらっとみたんですが、確かに彼は社員を無視して会社を私物化しているかもしれないと思いました。特に、平成8年に株価維持のために会社幹部の人たちにソフトバンクの株を買わせて含み損を生んだなどという事実もあるので悪徳な社長と見ることはできるかもしれません。しかし、確かに僕も彼は実業家としてはやり手だと思います。早くからネットの重要性に気づいた着眼点は実業家としてのセンスがある証拠だとおもいます。また、日本の生活水準を上げたことは事実なわけだから日本人は感謝してもいいのかも。

     僕は人を「いい、悪い」で判断できないと思います。人はみんな「白」、「黒」で分けられるのではなく灰色だと思います。なので、孫氏もいい悪いで判断できないと思います。まあ、中には極悪人なる人もいて憎いとは思うけど、やっぱりそういうひとの中にも白なる部分があると思います。しかし、人間は白を出すのが下手なんだと思います。だから、マスコミの中傷をあおる様な報道を面白がったり、他人に対して批判的な感情を抱くことが多いのだと思います。このようなことから、人間は普段は黒よりに見えることが多いのかもしれないと最近は思います。

     

    返信削除
  2.  なるほど。会社を私物化しているという指摘は間違いないでしょう。しかし、曲がりなりにも孫氏はソフトバンクの創業者でもあることを考えると、二代目三代目社長よりは多少はそういった行為が許されると私は考えています。もちろん、やりすぎはよくないですが。

     人物の評価を灰色に見るのは、確かに善人に対しては非常にいいことだと思います。しかし私はこれまでどうしようもない悪人(某ボランティア団体の代表など)を何人か見てきて、「きっとこの人にもいいところはあるんだ」という評価は、このような悪人をのさばらせる一つの原因になっていると思いました。
     やはり、極悪人は社会が後ろ指を指して、退場させなければいけないものだと思います。しかし皆が皆で悪い人間を探す社会なんていい社会じゃないので、サカタさんのような人間はできればそのままでいてください。人を疑うのは自分らのような、極悪人と同類の人間がやっていけばいいと思います。
     またこの辺で、一本記事書けるなぁ。

    返信削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。