2012年6月3日日曜日

下宿時代に私がおごっていた相手

 なんかこの前同僚に、私が学生時代に下宿していた頃によく食事をおごっていた相手について解説したので、今日はその中でも代表的な人物をいくつか紹介しようかと思います。

  ケース1:同学年の法学部学生
 おごり回数、ならびにおごり金額で断トツトップを誇るのはこの法学部の友人で、シャレや冗談じゃなくておごり回数は三桁には確実に突入しているかと思います。この友人とは大学入学直後から卒業までの長い付き合い、といっても私は一年間中国に留学に行ったので彼のが一年早く卒業しましたが、彼が社会人一年生の頃に私は大学四回生で住んでるところも比較的近い場所であったため、普通にうちの下宿に遊びに来たときとかはまた食事とか作って上げたりしていました。
 彼の何がすごいかというと、おごられることに対して全く呵責がない。いやさすがに最初の頃は遠慮を感じてたようですが私も彼も途中から慣れてきて、「カレー作ったから食べにおいで」といったら何の躊躇もなく食べに来るようになりました。このほか印象的なエピソードとして、一度スーパーでスパゲッティの食材を買うところに同行させてそのまま食べさせたところ、「こんなに安上がりでスパゲッティは作れるのか……」と妙に感心していたかと思ったら、なんかその後は自分でもしょっちゅうスパゲッティを作って食べていたそうです。ただ彼は自炊用の鍋を持っていなかったので、やかんで茹でて作ってたそうです。

  ケース2:2学年下の工学部学生
 上の法学部の友人と同じく、こっちの後輩も同じ下宿というか同じアパートに来た学生でした。当時の私は実質、そのアパートの管理人と化していたので大学入学直後の生活からゴミ出し、商店の配置、場合によってはインターネットにつないでいない人間が調べものする際にパソコンを貸し出したりもしていました。
 この工学部の学生はその中でも私をしたってくれたのかよく相談に来たのですが、相談に来るタイミングというのがいつも夕食を食べる直前で、相談ごとに応えてあげるとともに、「なんならメシも食べてくか(;´∀`)」と言わざるを得ませんでした。っていうか、タイミングを狙っているんじゃないかというくらいのドンピシャな時間にばかり来ていたような。
 今でも強い印象が残っているものだと、実家から送られてきた食材に「カニご飯の素」というものがあり、炊飯器でご飯を炊く際に混ぜるとカニ飯が出来るという代物でしたが、まさにこれを入れた日にこの工学部の学生が来て、遠慮なくおかわりされて全部平らげられました。自分ももちろん食べましたけど、すごいおいしかったからできれば独り占めしたかった……。

  ケース3:1学年下の演劇部員
 こっちは学年としては1学年下、年齢は同年齢の法学部学生です。演劇部に入ってかなりのめり込んでいたのでこのまま演劇部員で通します。
 こちらの彼は部屋も隣同士だったことから接触する機会が多く、なおかつ暇を持て余していた2回生の頃の夏休みに下宿生には珍しく二人とも下宿に残っていたので、無駄に自転車で山昇ったりとか妙なことを一緒にやってたりしてました。そうした延長で夕食も自分が作ることが何度かありましたが、「なにかリクエストは?」と聞いた際に「うなぎ丼」と「ステーキ」を要求されて大いに戸惑ったことがあります。結局二つとも作りましたが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。