2008年6月7日土曜日

スピード社の水着問題

 最近時事問題の投稿が減っているので、たまにはホットな話でも書きます。

 さて昨日の水泳のジャパンオープンでは、早速スピード社の水着を着た選手が日本新記録をバンバン出して来ました。平泳ぎの北島選手に至っては、最初の予選ではミズノの水着を着てたくせに最後の決勝でスピード社の水着を着ての日本新記録です。奴め、勝負水着のつもりだったのか。
 ちなみに、水泳というのはタイム決勝という最初に泳いだタイム順に順位を決めるという試合形式以外では、最初に各組ごとに予選を行い、その予選で上位のタイムを出した者を最後に集めて決勝戦をするという形式をしています。なので、大抵の選手は二回くらいは同じ試合で泳ぎます。

 とまぁのっけから楽しい結果を残してくれて、ますます激しくなりそうなこの水着問題です。なんでも日本の水泳選手はオリンピックにて、日本水泳連盟とスポンサー契約を結んでいるミズノ、アシックス、デサント以外のメーカーの水着は着てはいけないことになっているらしいです。北島選手に至っては確か個人的にもミズノとスポンサー契約とか結んでいますし、こう考えると日本の三社が文句をあれこれ言うのもわかります。

 しかし、ここである情報を載っけます。ネタ元はYAHOOニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000021-nks-spo)からですが、それによると日本の素材メーカーである「山本化学工業」がこの三社に対して、スピード社に負けない程に抵抗の少ない水着の新素材を提供を申し出たところ、二社から採用の返答があったものの、その後に二社へ選手の感想や意見を聞いても何も答えてくれないとのことらしいです。山本化学工業からすると、水着に対する選手の要望や感想を聞きたいと思っても、中小企業であるゆえか直接連絡を取る手段がなく、そこで採用した二社を通して聞いても、「情報を開示する理由はない」とむげなく断られたらしいです。

 このニュースは個人的に気になるニュースです。というのも、自分も昔は背泳ぎを専門にして水泳をしており、このスピード社の水着を着てみたいと思っている一人だからです。しかし日本企業でもこうしてスピード社に負けない(と主張している)水着素材を提供しているという会社がありながら、どうも話題の俎上に上ってこないのが不思議な気がします。しかも結局、ネタ元のニュースに書かれているように、山本化学工業はマスコミ各社にFAXにて自社の窮状を訴えるという異常な事態にまで発展しています。こうしたスポーツ材料というのはメーカーと選手の相互の連携が非常に重要だと聞きますし、山本化学工業の言っていることが事実だとすれば由々しき事態です。

 そして結論を言わせてもらうと、やはりこれだけの結果を残しているのですから水着の選択は選手に任せるべきだというのが私の意見です。確かにスポンサー企業になっている手前、日本企業の三社については可哀想だとは思いますが、やはり最大限の努力を払ってでもオリンピックというスポーツには望むべきでしょう。それをスポンサーだからという理由ではじくというのは、言い方が悪いですがお金のために努力を抑えるということになるのではないでしょうか。現状ではスピード社の水着が一番実績を上げているので、ここは水泳連盟も認めるべきだと思います。
 しかし、これはあくまで現状です。それこそ先ほどの山本化学工業の素材が実績を挙げるのなら、そっちを使えばいいだけの話です。今後はこの点に注目して推移を見守っていこうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。