2008年6月10日火曜日

iPHONE参入に見る日本の携帯電話市場ついて

 なんか今日は珍しくブログに書くネタが思い浮かばないので、以前にもこの話題を書いたので今日は携帯電話について書きます。

 先日、欧米でバカ売れしているiPHONEがソフトバンクから日本でも発売されることが報じられました。このi-PHONEは去年から欧米では非常に売れ行きがよかったのですが、日本は先進国の中ではなかなか発売にこぎつくことができずにいました。私自身があまり詳しくはないのですが、なんでも日本の携帯電話の使用電波領域というのはほかの国と比べて特殊で、ただiPHONEを輸入してもすぐに使えないというのが原因らしいです。恐らく、今回ソフトバンクから発売されるのはそういった障害を克服する目処がたったからだと思います

 それでこのiPHONEですが、詳しい機能はまだ把握していないのですが、目玉はやはり日本でも普及しているiPODとの互換性のようです。このiPHONEそれ自体でiPODの変わりになるようで、それどころか通常のiPODにはない機能もあれこれ追加されているらしいです。なのでターゲットとなる販売層も、iPODユーザーとなるでしょう。

 それでこっからが私の意見となりますが、このiPHONEの投入によってなにか、この日本の携帯電話市場が大きく動く起爆剤にはならないと思います。というのも、日本の携帯電話市場はもうかなり成熟しており、また海外の一般に使われる電話機と比べ、日本の電話機はもとより高性能な機能を持っていると言われています。いまさら高機能が売りなiPHONEが来たところで、そりゃ発売日には騒がれるでしょうが、その後はそれほど大きな動きにはならないと思います。

 かといって、まったく売れないという事はないと思います。それこそ日本に駐在している外国人会社員などは買ってくだろうし、日本人でも物珍しさから買う人も出てくると思います。しかしそれ以上にこのiPHONEの売れ行きを左右するのはハードとしての機能より、マーケティング戦略によるでしょう。折も折で、あの白犬のCMでぐんぐんとシェアを奪っているソフトバンクからの発売です。ひょっとしたら思いもよらぬ広告を行い、私の予想を裏切ってiPHONE旋風を起こすかもしれません。

 それにしても、以前に書いたhttp://imogayu.blogspot.com/2008/04/ntt.htmlの記事で私はえらく挑発的なNTTドコモの、「そろそろ反撃してもいいですか ドコモ2.0」というキャッチコピーを批判しましたが、案の定というか、反撃どころかドコモはこの一年は防戦一方でした。そしたら今度また新しいコピーができたら「アンサー23」とか、またよくわからないコピーを打ってきました。過度に狙わなくともいいから、もう少しまともなコピーを考える事ができないのでしょうかね。そろそろ私も、ソフトバンクに変えようかな。

2 件のコメント:

  1. iPhone 3Gに関して、参考になるblogです。

    http://satoshi.blogs.com/life/2008/06/iphone-1.html

    http://satoshi.blogs.com/life/2008/06/wwdc2008.html

    返信削除
  2.  連絡、ありがとうございます。見てみるといろいろ知らない情報が載っていたので、とても参考になりました。

    返信削除

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。