2008年6月11日水曜日

スピード社の水着解禁について

 せっかく書いたネタなので、結末も出たので感想とともに報告します。

 さて皆さんもすでに知っての通りに、昨日の夕方に水泳連盟がオリンピックで選手が使う水着について、国内メーカー三社に限定しないという事を発表しました。この発表の後、国内メーカーのミズノとかねてよりスポンサー契約を結んでいた北島選手も声明を発表し、この連盟の決断を喜ぶとともに、これまで応援してくれたとしてスポンサーのミズノにも感謝すると述べていました。

 結論から言わせてもらうと、この決断は至極当然のものだと言えます。なんせ、日本新記録がこの水着を着た選手から次々と出るわ出るわ。本来この時期はオリンピックを控えた調整の時期で、パワプロで言うなら調子が上向いていながらも、まだ本調子でない不調な時期に当たります。にもかかわらずこれだけの記録が出るなら、この水着だとオリンピックでは更なる記録の更新が望めるくらいです。

 私も当初は水着でこれほど成績が変わるのかと思いましたが、これだけの結果をつきつけられると頷くよりほかがありません。そして残念ながら、現在のところ日本のメーカーの水着はこれほどの性能を持ち合わせていないことも露呈しました。確かにこれまでスポンサーとして選手や連盟を応援してきてくれた事を考えると心苦しい気持ちもありますが、仕方のない結果だと思います。

 報道によるとこの水着問題のそもそもの発端というのは、オリンピックの水着の規定について一部の表現が変えられたことによるそうです。それまでの表現に対して、スピード社の水着のような異様な疎水性を持つ水着もあり、とも取れる表現に変わり、そこにうまくスピード社が付け込んだとのようです。逆を言えば、この表現の改定に対して国内メーカーが無頓着だったというのがここまで差をつけられてしまった要因になったと見られています。

 ただそれをおいたとしても、この騒動を総括するに当たり、私個人としてはミズノ、アシックス、デサントの三メーカーを褒めるべきだと思います。なんでもアメリカの方では未だに国内メーカーがぐずぐず文句を言っており、一向にこの水着問題が解決されていないといいます。それに比べるとまだ早いこの時期に選手の立場を考え引いてくれたというのは賞賛に値する……と、言いたいのですが、唯一の懸念というのが、以前の投稿で紹介した、山本化学工業の件です。
 まだオリンピックまで二ヶ月あります。決して時間がないと言うわけではないので、この三メーカーには努力を怠らず、山本化学工業に対してもきちんと対応して、スピード社に負けない水着を作ってくれることを陰ながら祈っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。