2008年10月1日水曜日

今日の党首討論について

 早くも今日三本目の記事です。我ながらよく書くものだ。

 さすがに疲れてきたのでちゃっちゃと書きますが、本日国会にて麻生首相と小沢民主党党首の党首討論が行われました。NHKのニュースを見ているとあまりうまい突込みがなされていなかったので、一つ私がかわりにやっておこうと思います。

 まず麻生首相は民主党が訴えている、政権をとった暁に行うといっている育児手当などのばら撒きの
財源はどうするつもりだと聞きましたが、小沢党首はいろんなところから節約すればいいと言い張り、その上で二代も続けて首相が政権を放り投げるなら、野党に政権を渡せと主張しましたが、お前が言うな、と私は思いました。
 というのも、そういう小沢党首だってちょうど一年前の大連立騒動の際に民主党内で了解を得られなくて、
「そもそも民主党には政権を担当する能力がないので、私は党首を降りる」
 って言ってました。野党に政権を渡せったって、あんた自分で民主党にはその能力がないと言ってたし、自分もちゃっかり党首をやるという責任を放り投げてんじゃん、と私は思いました。

 私は小沢氏は地方周りと党内運営が上手なんだから、はっきり言って党首より幹事長のほうがずっと能力に合っている気が前からします。このところニュースの政治解説で、民主党は党への支持率は自民党と変わらないほど高いものの、首相は誰がいいという調査では麻生首相に対して小沢党首は大きく水を空けられているという調査結果が取り挙げられていますが、この結果から民主党は政権をとった場合に小沢党首が首相をやらないといえば、より支持が集まるのではないかと私は思っています。

 自民党には任せられないけど小沢じゃねぇ……という声は何も今に始まったものじゃないし、実際に自民党はよくないが小沢党首が首相をやるくらいなら自民党を応援するという人もたくさんいると思います。なので民主党はここで、政権奪取の暁に小沢党首以外の誰を首相にするかと明言するのが賢い選択だと思います。差し当たって適任なのは真面目なだけが取り得の岡田氏でしょう。鳩山、菅の両氏はなんか軽そうですし。

 話は戻って党首討論ですが、その後の討論で麻生首相は補正予算案とインド洋派遣法案に民主党はどう対応するのかと再三問いましたが、結局小沢氏はこの質問には最後まで答えませんでした。別に麻生首相の肩を持つわけではありませんが、今回の討論では麻生首相の方が誠意ある態度を取ったと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。