2011年6月1日水曜日

管首相への内閣不信任案提出について

内閣不信任決議案、3党で提出…2日採決へ(読売新聞)

 すでに各所で報道されていて皆さんも知っておいでかと思われますが、本日自民党など三党が管首相に対する不信任決議案を衆議院に提出しました。かねてから管首相と対立していた小沢氏らのグループも離党を辞さない覚悟でこの不信任案に賛成するようで、一部の副大臣などはすでに辞表を提出したとのことです。この不信任案に対する私の立場は、こんな時期に政局で行動するなんて以ての外で、不信任案を提出した自民党ら三党を批判するとともに管首相の続投を支持します。

 はっきり言って私は管首相のことをそれほど評価しておらず、一国の宰相としては能力的にやはり頼りない人物だと見ております。しかし現状で首相となる政治家としては管首相がまだマシだと考えており、確かに記者会見などで目が泳ぐなどいろいろ心労がたたっているように見えますが、市民活動家をしてただけあって近年の首相の中では相当タフな人物だと評価しております。仮に今の首相が自民党の安倍氏だったら、心労ですぐやられて今頃病院か棺おけの中に入ってそうですし。
 逆に今回不信任案を提出した自民党を見ますと、管政権打倒後で誰が首相になるのかと言ったらいろいろと不安な人物しか挙がってきません。以前に相当口汚く批判した谷垣総裁は鳩山元首相以上、麻生元首相以下程度と思いますし、まだ期待できる石破氏や小池氏などは派閥関係からまずもって首相にはなり辛いですし、それ以外に誰かいるのかと言ったら散々タマ撃ってきただけあってもはや打ち止めです。石原幹事長なんて以ての外ですし。

<内閣不信任案>「被災地に目向けて」怒りとあきらめの声(毎日新聞)

 上記のニュース記事は被災地からの声ですが、私の意見もこれと大体同じです。震災対応でただでさえ忙しい時期なのに政局で行動するのは理解できず、たとえ管首相がどれだけ無能だろうと今国会の間は野党として国会議論で政策を修正していくのが本筋でしょう。特に今回の不信任案で理解できないのが可決後のビジョンが全くない点で、可決後はどのように連立を組むのか、誰が首相をやるのか、どいつにポストが回るのかなどが全く見えてこず、特に自民党は民主党内の小沢派とは不信任案提出前にいろいろ連絡を取っていたようですが前述の石破氏などは小沢氏とは組めないと主張しており、事実自民党があれだけ批判してきたマニフェストを主導していた人間と自民党が手を組むというのは如何なものかと思います。

 この不信任案は明日衆議院で決議されるようですが、私の勝手な予想だと否決される可能性が高いのではと見ております。根拠は小沢派が賛成に回ったとしても依然と民主党は大半の議席を持っていることと、どう見ても政局を優先したとしか思えない今回の提出に対してやはり批判が大きくなるのではないかという理由からです。あくまで勝手な予想ですが。
 もしかしたら自民党としては否決も織り込み済みなのかもしれず、事実一部で一つの締めくくりとして提出したとの声も出ているようですが、だとしたらますます政局のみで動いていることになり、否決となれば世間からの批判が集まり谷垣総裁への責任論が自民党からも出てくると予想されています。私もこれに同感ですし、自民党もさっさとこの人を引き摺り下ろしたほうがよいのではないかとすら思います。

 最後に、もし可決されたとしたら私は管首相は解散を選んでも良いと思います。それこそ選挙になって余計な混乱と時間の浪費につながるのではないかと言われるかもしれませんが、恐らく自民党はそのような批判を恐れて管首相は総辞職をせざるを得ないと考えてこのタイミングで提出してきたのだと思います。しかし提出するからには解散の覚悟があって然るべきで、管首相はあくまでそれを受けて立つだけです。むしろここで一挙に政界再編を行ってもこの際いいような気がしてきました。
 結果は明日ですが、果たしてどうなることやらです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。