2008年9月2日火曜日

福田首相辞任について

 昨日の夜、突然福田首相が辞任を発表しました。会見の内容などは報道に譲るとして、ここではいくつかその前後関係についてあれこれ推論を書いてみようかと思います。

 まず福田首相が辞任を決意した時期ですが、これはほぼ間違いなくここ一週間のうちでしょう。その理由とも、臨時国会を本来なら九月十二日に開く予定をすでに発表しており、辞任を決意した段階ではこのような日程を決めることがないというのが理由です。

 では時期がわかったとすると、この一週間で何が決め手となって辞任を決意するようになったのかですが、福田首相は民主党などの野党の審議に応じないなどの抵抗があり、国会運営に支障をきたさない現段階でより自民党を引っ張り議論のできる人材に首相の座を譲るためと言っていますが、私はこれが本当の理由には思えません。
 というのも野党の反対と言うなら何故国会の休会している今なのかと言うことになります。それも福田首相にとっては国会運営に支障がないからだと言われそうですが、私はそれ以上に、農相の不正支出問題や餃子事件などで逆風が強く吹き、その上小沢民主党代表の続投が決まったことの方が決断した理由なのではないかと思います。

 そういったここの事例を踏み、このままでは選挙に負けて自民党が政権から引きずり下ろされた時の首相として名が残るのを意図的に避けた、と言うのが本音ではないかと思います。あとはただ単にもうこれ以上運営していくやる気がなくなった、父親の悲願であったサミットが終わったからといった辺りでしょうか。

 それでは今後、誰が自民党総裁、ひいては首相になるかでしょうが、現時点での最有力候補は幹事長の麻生太郎氏でしょう。それにしてこの人、幹事長に就任するたびに首相が辞任するんだけど、何か疫病神的なものを持っているんじゃないかなぁ。
 ぶっちゃけ私はこの人は嫌いです。また政権運営についても、国民に人気があると言いますが彼を支持する人間と言うのはミーハー的な(麻生氏が漫画好きだからというだけ)もので、いざ選挙とかになると投票に結びつくのか甚だ疑問です。

【民主党を問う】渡部恒三最高顧問に聞く(YAHOOニュース)

 これは昨日の民主党最高顧問である渡辺恒三氏の福田首相辞任前のインタビューですが、なかなかに時局をよく見極めた内容だと思います。
 このインタビューの中でも言われていますが、私も次の首相には総選挙に勝つことが目的であるというのなら、小池百合子氏が一番インパクトもあり、現在の自民党の窮地から大逆転がねらえると思います。

 総裁選には今日の時点で麻生氏が立候補を表明していますが、もし現官房長官である町村信行氏が立候補したら、派閥の力関係によって間違いなく町村氏に決まるでしょう。しかし町村派(元森派)は小泉、安倍、福田と、三人連続で首相を輩出しており、森元首相もまたここから出すのにはあまり乗り気ではないので、恐らく町村氏は出馬しないと思います。

 となると他に誰が出るかですが、これまた町村派ですが、上げ潮派の首魁である中川秀直氏などは何度かねらっており、もしかしたら今回このタイミングで出てくるかもしれません。もしくは、中川秀直氏などが後ろについて小池百合子氏を担ぎ上げると言うことも考えられます。
 あと、影がちょっと薄いけど谷垣貞一国土交通大臣も、安倍氏で決まった総裁選の時も出ていますし、古河派とも連携を強めているので、また出るんじゃないかな。麻生氏同様嫌いだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。