2008年9月6日土曜日

田原総一朗氏の予言

 今でこそ言えますが、このブログでも紹介した田原総一朗氏とさいとう健氏の討論会の際、実は田原氏が、

「ここで公務員改革を徹底的にやらねばいけない。もし福田首相がこれを投げると言うのならば、私はもう彼を見捨てますよ」

 と、言っていました。公務員改革を行ってきた渡辺喜美前行革担当大臣を外し、逆に公務員改革に反対的だった町村信孝氏を官房長官に残留させる内閣改造を行った矢先の辞任劇だったので、もしかして……と思っちゃいました。そしたら案の定、一緒に見に行った友人も同じだったようです。

 実は今月末に、田原氏は来ませんがまたさいとう健氏が著名人を招いて討論会をやる予定があります。場所がちょっと離れた場所にあるので今回はいいかなとか思っていたのですが、選挙も本気で近そうですし、また行こうかなと現在検討中です。

 ついでにちょこっと応援を書いておくと、この何度も出ているさいとう健氏は元通産省の役人で、江田憲二衆議院議員も所属している脱藩官僚の会に入っております。官僚に騙されないためには官僚の手法をよくわかった我らがいるぞと主張するこの団体ですが、個人的にも期待する部分も多く、私はさいとう健氏も是非次に選挙があるのならば当選していただき、中央政界で活躍していただきたいと考えております。
 もし次に選挙があるとしたら、また武部氏が応援に来るのかな。「最初はグー、さいとう健」ってな感じで。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。